お電話からのお申込みはこちら
岡山校:0120-9179-00
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


2019年度
川崎医科大学特別推薦入試
全合格者20名中11名が富士学院指導生
(合格者占有率6割!)
※川崎医科大学附属高校の内部推薦者は一切含んでおりません

問題や配点が非公表の
特別推薦入試対策は
圧倒的な“合格実績”の富士学院で!

川崎医科大学の特別推薦入試は、2019年度より、岡山県単独の地域枠がなくなり、
「中国・四国地域出身者出願枠」として一括された約20名の募集人員枠に変更され、
新たな出願書類として「地域医療志望理由書」が課される
ことになりました。
特別推薦入試は、総合適性試験の問題や配点が一切公表されていないので対策がとても取り辛い入試です。
実際の試験内容は、英語や数学の他、理科は3科目(物理・化学・生物)からの出題となり、
加えて国語や一般常識問題、小論文までが出題され、一次試験合格者には二次試験で面接試験が課されるなど、
他大学の推薦入試に比べ試験科目が多い分、とても準備が大変な入試となります。

また、推薦入試では受験資格を現役・1浪生までとする大学が多い中、
4浪生迄受験できる出願資格は大きな特徴で、合格のためには総合適性試験に向けた出題科目の対策と併せ、
面接や小論文対策までをしっかりと行う必要があります。
富士学院にはこれまで受験をしてきた多くの生徒からの受験報告書を基に、
これまで蓄積してきた膨大なデータや様々な情報が数多くあり、
これらのデータや情報を富士学院精鋭講師陣が細かく分析した、
富士学院ならではの具体的な入試対策を行うことができます。
特別推薦入試受験をお考えの方はぜひ、この機会をご利用下さい。


富士学院は
ココが違う!

ポイント 1
圧倒的な合格者占有率!
特別推薦入試合格者の2人に1人が富士学院生!
なんと7年連続で合格者占有率50%以上を達成!

2013年度 全合格者20名中13名!(占有率65%)
2014年度 全合格者20名中12名!(占有率60%)
2015年度 全合格者20名中10名!(占有率50%)
2016年度 全合格者20名中10名!(占有率50%)
2017年度 全合格者20名中11名!(占有率55%)
2018年度 全合格者20名中12名!(占有率60%)
2019年度 全合格者20名中11名!(占有率55%)
※附属校内部推薦は含めていません。
ポイント 2
選抜制をとらずに2人に1人以上が進学!
2019年度医学部医学科専願者実数333名中173名合格!
内、川崎医科大学24名合格!(一般入試13名、特別推薦入試11名)
ポイント 3
圧倒的合格力の秘訣はサポート力!
中学生から高卒生まで一人ひとりの現状を講師・職員が共有しチームで連携。
一人ひとりに必要な具体的な指導ができる。
ポイント 4
情報力・分析力が違う!
問題・配点が非公表でも、多くの受験生からの聞き取った情報を長年蓄積し、
分析した独自の合格ノウハウ
を生徒一人ひとりに生かせる学習環境
お電話からのお申込みはこちら
岡山校:0120-9179-00
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


要 項

日時

9月8日(日)10:00~ 開場9:30

会場

富士学院 岡山校

定員

20名

参加費

75,600円(税込・昼食付)

対象

2020年度
川崎医科大学特別推薦入試受験生


プログラム

9:30〜 受付開始
10:00〜 川崎医科大学特別推薦入試の概要
10:30〜 総合適性試験(生物)傾向と対策
11:05〜 総合適性試験(物理)傾向と対策
11:40〜 総合適性試験(化学)傾向と対策
12:10〜 昼休み
13:00〜 総合適性試験(国語)傾向と対策
14:10〜 総合適性試験(数学)傾向と対策
15:20〜 総合適性試験(英語)傾向と対策
16:30〜 面接対策講義
17:10〜 終了予定

※時間割が変更になる場合があります。

グループ面接対策の様子医学部受験のプロ講師陣が解説!

学院食堂の美味しい昼食付です学院食堂の美味しい昼食付です


出願資格


2020年度
川崎医科大学特別推薦入試募集人員

  • 【専願】中国・四国地域出身者出願(岡山県出身者含む)約20名


出願資格 -抜粋-

※特別推薦入試【専願】の合格者は、いかなる事由があっても入学を辞退できない。

  • 高等学校若しくは中等教育学校を2016年3月以降に卒業した者(2020年3月末までに卒業見込みの者を含む)又は、それと同等以上の学力があると認めた者
  • 2020年4月1日現在において18歳に達しており22歳以下の者(現役〜4浪生)
  • 中国・四国地域での地域医療に係わるものが推薦する者(保護者を除く)
  • 中国・四国地域の住民(注)であるか、あるいは中国・四国地域の高校出身者
    (注)「中国・四国地域の住民」とは、本人又は一親等の尊属が出願期間の最終日の4年前から引き続き中国・四国地域に住民登録をしている者をいう。
  • 合格の場合、保護者及び推薦者が同意のうえ、入学を確約できる者(専願)
  • 卒業後、本学の附属病院又は総合医療センター、若しくは本学が指定する臨床研修指定病院で初期研修(2年間)並びに後期研修(4年間)を行うことを保護者及び推薦者が同意のうえ、確約できる者
  • 研修後、中国・四国地域で保護者及び推薦者が同意のうえ、地域医療に貢献することを確約できる者

今年度もたくさんの
喜びの声が届いています!
岡山校生徒の合格体験記
一部ご紹介します!

2019年度
川崎医科大学特別推薦入試合格
岡山校個人指導生 A・Hさん
富士学院の情報量は本当に凄く、ほとんど公表されていない推薦入試の出やすい所だけを集中して勉強することができました。

私が川崎医科大学に現役合格できたのは富士学院のおかげだと思っています。私が富士学院の事を知ったきっかけは叔母が「一回だけでいいから富士学院のテストを受けよう。」と言ったことでした。当時の私は、なんとなく理工系の学部を考えており、医学部に入ることなんて私には一生無理だと考えていました。それでも一回だけ受けようと思って受けたテストは予想通りさんざんな結果でした。
私にはやっぱり無理だと自信を失い、教務の方がカウンセリングしてくださったのにも関わらず、入学せず、結局9月まで私はなんとなく理工系を目指していました。しかし10月になって進路のことを家族で話し合い、一回だけ推薦入試を受けることになりました。あの時説得してくれた家族には感謝してもしきれません。結局私が入学したのは推薦入試の一か月前でした。夏休み入学を断ったにも関わらず、富士学院の先生方は笑顔で対応して下さいました。
高校生の時、私は推薦入試を考えていなかったため部活に所属しておらず、面接や小論文の対策も一度もしたことがありませんでした。なので、一ヶ月で合格するわけがないと思っていました。しかし富士学院の先生方は私を一ヶ月で合格させるために本気を出して下さいました。特に化学は基礎ですら理解できていなかった私を怒らずに夜遅くまで指導して下さいました。
富士学院の情報量は本当に凄く、ほとんど公表されていない推薦入試の出やすい所だけを集中して勉強することができました。特に助かったのは、本当にやるべき課題を与えて下さったことです。そして先生方は絶対に怒らず熱心で、いつも励まして下さいました。そのおかげで勉強する内に進路をなんとなく諦めていた私が、医学部に合格したいと強く思うようになりました。私は富士学院に入学したおかげで人生を変えることができました。本当にありがとうございました。

2019年度
川崎医科大学特別推薦入試合格
岡山校富士ゼミ生 K・N君 尾道北高校
そこの貴方、ぜひ富士学院に来てみてください。何かが変わります。

私は富士学院に入る前までは、生活リズムが整っていない学生でした。具体的に言うと就寝・起床の時間が不規則で、朝食もろくに取らず授業中寝てしまう事もありました。これでは一日の勉強の効率がいいわけもなく、中途半端な高校生活を送っていました。
しかし、そんな私を変えてくれた所があります。それが富士学院という予備校でした。入校する前に私はここで生活リズムを整え、勉強へ集中し医学部合格を掴み取るぞと決意しました。それでも今まで出来なかった事がこの一年で急に出来る様になるのかと不安に思う事もありましたが、結果的に私は日々の勉強に差支えの無い生活リズムを作る事が出来る様になりました。
それは各教科の先生方や教務担当の先生方そして同じ寮で生活を共にする友達のおかげです。一人では出来ない事でも富士学院ではみんながサポ-トしてくれます。これは生徒数が少なく一人一人を大切に指導する事が出来るという富士学院ならではの強みだと思います。
それにここには色々な先生方がいます。おもしろく熱心に勉強をサポ-トしてくれる先生もいれば厳しく指導してくれる先生もいます。中には遅刻する度にその理由、どうすればいいかを教えてくださる先生もいました。それほど富士学院の先生方は親身になってくれます。これで私は勉強に集中できる様になり、医師を志す者として基本的な事を学びました。
次に勉強に視点を置いてみると、まずは毎日繰り返しやる事が大切だということを学びました。授業は細かく、以前学んだ分野を復習できる様に行われるのです。最大のポイントは朝の小テストで、復習にぴったりな問題が出題されるため自分の把握できていない所をしっかり押える事が出来ました。繰り返す事は大切で、何より一番効率の良い勉強法です。これから医師を目指していく中で、覚え理解する事はたくさんあります。その時、富士学院で学んだ「繰り返しの大切さ」が自分を助けてくれるはずです。
結局の所、富士学院に任せておけば医学部への道は切り開く事が十分に可能だという事です。先生方を信じましょう。先生方は常に医学部合格への正しい道を示してくださいます。後は強い医師になりたいという気持ちを持っていれば、自分の望む結果が自分の元に訪れます。医師を目指すなら富士学院!まずは医学部へ合格しなければと思ったそこの貴方、ぜひ富士学院に来てみてください。何かが変わります。

2019年度
川崎医科大学特別推薦入試合格
岡山校富士ゼミ生 T・H君 大手前丸亀高校
E判定から二浪目で合格できたのは、高校の先生からの勧めで入学した富士学院の環境が良かったからだと思います。

2017年4月、私は高校の先生の勧めで富士学院に入学しました。高校在学時の模試では常にE判定、偏差値も悪かったです。そんな私が、二浪目で合格を勝ち取ることができたのは、やはり富士学院の環境が良かったからだと思います。
まず第一に、寮生活。掃除や洗濯、その他生活に必要なあらゆることを自分でしていかなければなりません。私は親元を離れて生活するのは、初めてだったので、とても良い経験になりました。
次に、少人数で行う授業。私はゼミの授業も個別授業も受けたことがありますが、少人数であるがゆえに先生が一人一人の学習の進度をチェックし、それに合わせてくれるので、確実に成績を向上させることができます。
また、担任の先生や教務の方々の存在も、合格することにおいて非常に重要な役割を担っていると思います。時に厳しく時に優しく接してくれて、そしていつも見守ってくれたので、浪人中の私の大きな心の支えとなりました。
勉強以外に、もう一つ私が心掛けていたことがあります。それは、積極的にいろんな人とコミュニケーションをとることです。入学当初はコミュ障だった私も、こちらから話しかけにいくようにしています。医者は患者を選べません。人を嫌うなんてもってのほかです。富士学院にいる以上、「医師の卵」なのだから、それに相応しい態度で浪人生活を送りました。
今ここにいる皆さんも、立派な「医師の卵」です。共に学ぶ、他のゼミ生に積極的に話しかけにいきましょう。

2019年度
川崎医科大学特別推薦入試合格
岡山校富士ゼミ生 M・Yさん 岡山高校
今まで富士学院で先生方や友達と共有した時間全てが私の合格、そして人生に必要不可欠なものであったと思っています。

私は決して効率が良い方でもなく、理解が早い方でもありません。だからこそ「地道な努力は裏切らない」、そう信じて中高と勉強してきました。そのおかげか評定平均も5でした。しかし、いざ受験勉強となると手が出ずその答えを求めて富士学院に来ました。
すぐに答えは分かりましたし、改めて医学部合格に必要なレベルを思い知りました。しかし、最初は自分の勉強法をほとんど変えることなく、ずるずると進んでしまいました。自分なりにやってきた方法を変えるには勇気がいります。さらなる努力も必要です。しかし、状況を変えたくてとにかく素直に先生方のアドバイスを実行することにしました。最初からそうしていればこんなに時間がかからなかったかもしれません。
また私に本当に泣き虫でした。恥ずかしい話ですが岡山校の職員の方ほとんどに泣き顔を見られたと思います。私は自己肯定感が低い故にテストの結果に影響され、成績が上がっても下がっても不安ばかりが募っていました。その度に先生や教務の方々に相談に乗って頂き、出来るだけ不安を解消しました。また友達と鼓舞するメッセ-ジを送り合いました。今まで富士学院で先生方や友達と共有した時間全てが私の合格、そして人生に必要不可欠なものであったと思っています。
努力すればたとえ時間がかかっても報われる日がきます。その日が来るまで踏ん張り続けるしかありません。浪人は自分との戦いです。しかし、1人ではありません。富士学院には同じ目標に向かって頑張る仲間がいて、話を聞いて下さる教務の方がいて、合格を信じて下さる先生方がいらっしゃいます。私は両親に二浪までと言われており、だからこそ平成最後の年は合格して終えると決めていました。しかし、心は何度も折れそうになりました。それでも続けられたのは1人ではなかったからです。今、合格を目指して本気で努力している皆さんに幸せな日が訪れることを切に願っています。
最後に、昔から描いていた夢の第一歩を踏み出して卒院できることを本当に嬉しく思っています。富士学院の職員の皆様、本当にありがとうございました。

2019年度
川崎医科大学特別推薦入試合格
岡山校富士ゼミ生 K・Dさん 高松高校
職員の方々、励まし合った友人たち、富士学院で出会った方達全員が、私を支えてくださいました。

2年前の春、高校を卒業してすぐに富士学院に入学しました。当時の私は、高校の授業スピードについていけず、勉強面で挫折してしまっていたため、自分に全く自信が持てませんでした。
ただ、私の浪人生活の中でターニングポイントがあったとしたら、2年目の2月・3月だったと思います。2ヶ月間、朝から晩まで自習室で机に向かい、1年目で吸収した事の整理、反復、定着を確実に進めていきました。この2ヶ月間はゼミが無かったため、もちろん遊ぶことも、休むこともできたでしょう。しかし、自分は合格からまだまだ遠いところにいるという現状を自覚していたからこそ、誰よりも早く2年目のスタートを切らなければと必死でした。実際、この2ヶ月間が終わる頃には、自分でも驚くほど様々な問題が解けるようになっていて、模試でも、偏差値を大きく伸ばすことができました。もがいた時間は長かったですが、やっと目の前が拓けたと感じた瞬間でした。もしもあの時、少しでも2年目のスタートが遅かったら、今頃合格を掴めてはいないと思います。浪人するにあたり、時間というものは本当に貴重です。これから医学部を目指す皆さん、日々の時間を大切に、合格へ突き進んで欲しいと思います。皆さんが笑顔で春を迎えられることを願っています。
また、職員の方々は、常に激励の言葉をかけてくださり、絶対に川崎医大に行きたいという私の気持ちを大切にしてくださいました。そして、必ず一緒に合格しよう!と励まし合えた友人の存在も、とても大きかったです。富士学院で出会った方達全員が、私を支えてくださいました。本当に感謝しています。
それでも、今思い返すと、先の見えない不安や焦りに何度押し潰されそうになったかわかりません。しかし、苦しい時、結局自分を支えてくれるものは、自分が積み重ねてきた努力なのだと思います。自分に自信が持てなかった私でしたが、今までの努力は必ず合格に繋がっていると思いながら、苦しい時も乗り越えてきました。そして、医師になりたいという強い気持ちが、常に私の背中を押し続けてくれました。ずっと欲しかった合格の2文字を見た時の喜びは、きっと一生忘れることはありません。
最後になりましたが、2浪することを許してくれ、ずっと見守り続けてくれた家族と、私を医学部合格へと導いてくださった先生方、富士学院職員の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。今は、幼い頃からの夢だった医師へのスタートラインにやっと立てたことを嬉しく思います。これからも、努力を惜しまず精進し、必ず地域に貢献できる医師になります。2年間、本当にありがとうございました。

富士学院に相談して本当に良かった!
保護者からもお喜びの声を多数頂いています!
一部をご紹介します。

2019年度
川崎医科大学推薦入試合格(富士ゼミ生)
K・N様(お母様より)
この初めての成功体験を今後の人生に生かしてほしいと望みます。夢にまで見た合格をありがとうございました。

息子から「受かった!」と電話をもらった時、夢かと思いました。正直今も夢のようです。息子はいたって普通の子で、学業でも運動でも性格でも目立たない存在でした。高校の担任の先生も成績が伴わないので進路指導の仕様がない状態でした。その息子に熱く「一緒に頑張ろう!」と誘ってくださいましたので、数校の候補の中から息子が富士学院さんに行きたいと決めました。その決断は合格をもたらしてくれました。
高校三年生から物理のみ個別指導を週末受け、その先生が分かりにくい息子の本質を捉えて指導してくださったので、先生方を信頼して預ける事が出来ました。浪人してからは寮生活が始まり、過干渉の親から解放されて全て息子の決断次第となり、私共は心配したものでした。先生方は生活面からのくずれをよく注目してくださり、朝の遅刻が多くなると個別に朝特訓をしてくださったので、何とか朝寝坊を克服することが出来ました。
一人っ子だったため過干渉に接した私どもと異なり、先生方は年齢相応に接し、未熟な部分は成長を促し、一人の人として医師を志す者としてあるべき姿に近づけて行けるように時間をかけて導いてくださいました。時折会う息子の変化に一喜一憂したものでしたが、何でも親任せだった息子が出願も「自分でする!」、受験当日も「自分で起きる!」と言う所まで育てていただきました。
お友達にも恵まれました。意思薄弱な息子は他人に流されやすく一番心配した所でした。同じ志を持ち、同じ不安をかかえ、同じ壁にぶつかる友人からの影響は大きく、息子の心を温めてくれる笑顔の持ち主であったことを感謝するばかりです。
医学部合格は、息子には高すぎる壁に見えました。先生方、友人に後押しされ、ついにあの頂に手を掛ける事が出来ました。この初めての成功体験を今後の人生に活かして欲しいと望みます。夢にまで見た合格をありがとうございました。
親として心掛けたことは、邪魔にならないことです。毒親を自負している私共は、息子の自立に最後の望みをかけました。つまりは先生方にお任せいたしました。
ただ生活面が崩れるのを心配しておりましたので、三食富士学院さんで食べてもらいたい=毎日授業を受けることを望み、お小遣いは五千円1月に決めました。つまり・・何もしなかったのです。
返すがえすも、感謝の言葉しか思いつきません。心をくだいて息子に一生懸命接してくださった先生方、毎日一緒にすごしてくれた優しいお友達、お会い出来て本当に幸運でした。皆様のお幸せを祈っております。


Q&A

Q
授業を行うのはどんな講師ですか?
A.
医学部受験に精通したプロの講師です。また、例年、特別推薦入試対策講座を担当しているベテラン講師で、問題・配点が非公表である川崎医科大学推薦入試に合格するためのノウハウと指導力を併せ持っています。
Q
川崎医科大学の特別推薦入試の現状について教えてください。
A.
過去5年間の実質倍率は3.6〜5.6倍で推移しています。中・四国唯一の私立医科大学という事もあり、例年高い人気を誇る推薦入試と言えます。また2019年度入試では岡山県単独の地域枠がなくなるなど、出願資格にも大きな変更がありましたが、4浪生迄受験できる出願資格は高卒生にとっても大きなチャンスになると言えます。合格のためには総合適性試験に向けた各科目の対策と併せ、面接や小論文対策までを的確に網羅することが必要です。
Q
川崎医科大学の特別推薦入試対策は何が必要でしょうか?
A.
英語や数学、理科3科目に加えて、国語や一般常識問題、小論文が課される総合適性試験の問題や配点は一切公表されていないので、対策がとても取り辛い入試となります。これまでに多くの特別推薦入試を受験する生徒達を指導してきた富士学院には、たくさんの受験生からの聞き取りや報告書に基づいた膨大なデータ、また入試情報が多く蓄積されており、合格に向けた具体的な対策が可能です。
Q
面接が苦手で本番だとどうしても緊張してしまいます。
どう対策すればいいでしょうか。
A.
医学部の面接では、受験生の「医師になる思いや覚悟」、「厳しい医学部6年間の学習カリキュラムに耐えうる人材なのか」などを含め、受験生の意識や本質の部分が大きく問われます。また面接試験は大学によって面接試験のやり方や評価方法が異なり、受験する大学の情報に基づいた、具体的な面接の練習が必要です。富士学院では受験生達からの聞き取りや大学の最新情報を基に、本番同様の環境で模擬面接を行うことができますので、繰り返し練習を行うことで、面接が苦手な方でも、かなりの確率で克服することが可能です。なお、特別推薦対策講座では講義形式の指導となりますが、志望校の面接指導のみを単独で受講することも可能です。


2019年度
川崎医科大学特別推薦入試
全合格者20名中11名が富士学院指導生
(合格者占有率6割!)
※川崎医科大学附属高校の内部推薦者は一切含んでおりません

さぁ
あなたも富士学院の推薦対策講座を受けて
合格への第一歩を踏み出そう!

お電話からのお申込みはこちら
岡山校:0120-9179-00
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 岡山校

医学部受験予備校 富士学院 岡山校

〒700-0027
岡山県岡山市北区清心町3-27
JR「岡山駅」から徒歩約7分
フリーダイヤル:0120-9179-00
代表番号:086-214-5870

ページトップ