お電話からのお申込みはこちら
名古屋校:0120-9816-33
9:00〜22:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)

医師になる覚悟資質が問われる
小論文
合格に大きく影響を及ぼす『小論文』を徹底分析、
ライバルに一歩先んじる!


小論文の“豆知識”

大学毎で異なる多彩な「小論文」の出題形式

  • ひとつのテーマや文章に対して自分の考えを述べる形式
  • 現代文の試験のように設問に解答する形式
  • 資料を分析し、文章を要約する形式
  • それらすべてが複合した形式etc・・


要 項

日時

9/11(日)13:00〜
※開場・受付 12:30〜

※文部科学省発表の学校における新型コロナウイルスに関する衛生管理マニュアルを引照し
徹底した感染症対策を行っています。

会場

富士学院 名古屋校

定員

10名

参加費

無料

対象

2023年度選抜受験予定者及び保護者、高1・高2生とその保護者の方の参加も可能です。

※感染防止対策を徹底した上で開催いたします。
※解説講義のあとに行う面接指導は希望者のみに実施します。
※面接指導(希望者のみ)はご本人のみの参加となります。
※学院職員による個別(進学・学習)相談が可能です。お気軽にお申込みください。
※当日、時間割を変更する場合があります。


プログラム

12:30〜 開場・受付
13:00~14:00 小論文対策講義
14:10~15:00 演習
15:10〜15:40 解説講義
15:50~ 面接指導(希望者のみ)/個別相談会(希望者のみ)

イメージ画像 面接対策の様子

ふじた未来入試の経験を活かし、
見事後期で医学部現役合格!

S・Iさん 対策指導生 愛知淑徳高校3年
2022年度 藤田医科大学医学部 一般選抜(後期)合格
受講経緯

名古屋校で2021年10月に実施した愛知医科大学の対策講座を受講。プレテストでは大変良い成績を収めていたが、高校での推薦希望者の状況や家族で話し合った結果、ふじた未来入試を受験することに変更し、一次合格。

面接対策

Iさんは運動部に所属しており、もともとコミュニケーション能力がある生徒だったが、ふじた未来入試の二次試験では、個人面接3回・MMI4回とグループディスカッションの試験方式が用いられているため、自分の熱意や考えを相手にしっかり伝えるようになることに重点を置いて面接指導を行った。また、質問の答えに対して掘り下げて質問する練習を繰り返し行い、MMIに対応できる力を養い本番に臨む。手ごたえを感じていたが残念ながら最終合格とはならず、一般選抜での現役合格に向けて舵を切る。最後まで諦めることなく対策と努力を続け、藤田医科大学後期試験で一次合格を果たす。

見事藤田医科大学後期に合格!

ふじた未来入試での経験が活き、自分の考えは練習でもうまく話すことができるようになった。前期二次試験を受験した生徒の報告書をもとに対応が難しいMMIの練習を行い、さまざまな状況をイメージし、それに対して自分がどう行動するか、繰り返し練習を行った結果、見事現役合格を果たした。

校内セミナー後、
小論文添削プログラム、面接対策を実施し、
見事現役合格!

T・K君 対策指導生
2022年度 東邦大学医学部・杏林大学医学部 一般選抜合格 城北高等学校3年
受講経緯

高校で実施した小論文添削プログラムおよび校内セミナーから指導開始。

小論文対策

小論文添削指導プログラムでは課題文型・資料型の添削指導を実施。当初は自分で書きたいことを書いてしまい、出題者が受験生に求めていることをつかむことができなかった。講師からのアドバイスを受け、書き直しを何度も繰り返すうちに徐々にポイントをおさえることができるようになった。1次試験合格後は、2次対策として、過去問演習に取り組み、どんなテーマに対しても一定の水準で書くことができるレベルに到達した。東邦大学は小論文形式ではなく、総合問題として課題文の要約が出題されるので、要約についても入念に準備をしていった。

面接対策

普段は明るいのだが、面接になると固くなってしまい自分の考えを端的に伝えることが苦手であった。面接指導開始当初は、模擬面接の時間よりも面接後の聞き取りに重きを置き、なぜ医師になりたいのか、将来はどんな医師になりたいのか、20年後自分はどうなっていると思うかなど会話の中から引き出し、そのうえで自分のストロングポイントを明確にしていった。それでも面接の形をとると、しっかりと表現することができなかったため、何かきっかけをつかませたいとの思いで、他大学の学校推薦型選抜受験者のグループ討論に参加させた。同じテーマであっても人によって様々な考え方があり、またどのような伝え方をすればいいのかをグループのメンバーから学び、徐々に伝える感覚をつかむことができるようになってきた。この経験が個人面接にも活かされ、個人面接においても見違えるように成長していった。

東邦大学医学部・杏林大学医学部に合格!

グローバルな視野とコミュニケーション能力を有する意思を目指し、学業だけでなく部活動にも取り組んできたTくん。小論文対策も面接対策もめげることなく何度も繰り返し行う中で、大きく成長することができた。東邦大学は1次発表から2次試験までの間隔が短く2次対策がしづらいが、直前対策を十分に行い、2次試験を迎えることができた。面接・小論文ともに受験校に対して適切な対策を行うことで、東邦大学医学部・杏林大学医学部の一般選抜に合格することができた。

富士学院の面接小論対策
実際に富士学院で指導を受けた
生徒に聞くのが一番!
見事2022年度医学部に合格した生徒達の
合格体験記
を一部ご紹介!

2022年度
慶應義塾大学医学部 一般選抜合格
Y・O君
富士学院には自分の期待以上の魅力がありました。

私が富士学院に入塾したのは、医学部専門予備校の強みである、膨大な情報や経歴に魅力を感じたからです。富士学院では、主に面接・小論文の対策を行いました。その際、私は通塾が困難でしたが、富士学院の先生方はzoomやメール等を用いたオンラインでの柔軟な対応をしてくださいました。そういった先生方の手厚いサポートのおかげもあり、入試本番でも緊張することなく自信を持って臨むことができました。また、自分の志望校に合格した先輩方との面談の機会も提供してくださり、受験勉強に対するモチベーションの向上につながりました。このように、富士学院には自分の期待以上の魅力があり、そのおかげで慶應義塾大学医学部、広島大学医学部医学科の現役合格を果たすことができました。最後になりましたが、富士学院の先生方、熱心で質の高いご指導ありがとうございました。

保護者の方からも
たくさんの感謝の声をいただきました!
その一部をご紹介

2022年度
慶應義塾大学医学部一般選抜現役合格
K・O様(お母様)
直感的にココだ!と思った運命的な出会いだった富士学院でお世話になり、本当に良かったと思っております。

中高一貫校に通う高3の息子は、現役での医学部合格を目指し、勉学に励んでおりました。母親である私は、医学部受験に必須である面接が少々心配であったため、面接指導に特化した塾や医学部予備校を探しておりました。
何十件もの予備校に問い合わせをしましたが、残念ながらピンとくる塾や予備校に出会えず困っていた時、富士学院との運命的な出会いがありました。運良く校舎長が直々にお電話で相談に乗ってくださり、「私が責任をもってご指導いたします」との心強いお言葉を頂戴し、富士学院に決めました。コロナ禍ということもあり、オンラインでの対応となりましたが優しく、とても熱心にご指導してくださいました。また、息子が第一志望としていた大学の医学部を現役合格された方が偶然にも貴院でチューターをされており、直接息子にご自身の体験談や現在の学習、大学生活の様子など、息子にとって大変興味深く貴重な情報も共有してくださり、息子の夢はさらに大きくなりました。また、入試直前の声掛けや息子の意向を尊重しながらのご指導やお気遣いも素晴らしいものでした。そういった環境の中で迎えた二次試験当日、息子は自信を持って堂々と面接に挑むことができました。
その結果、慶應義塾大学医学部医学科、広島大学医学部医学科の2大学に現役合格することができました。合格の報告をした際も、校舎長をはじめ、職員・講師の方々皆さんがとても喜んで下さいました。直感的にココだ!と思った運命的な出会いだった富士学院でお世話になり、本当に良かったと思っております。
最後になりましたが、校舎長をはじめ、職員・講師の方々に心より感謝申し上げます。


2022年度医学部医学科
最終合格のべ431名

※推薦含む、一次・補欠のみは含まず

医学部医学科専願者466名中
実数で267名合格(実数合格率57.3%)
国公立医学部医学科専願者43名中
37名合格 合格率 86%

2022年度 名古屋校1校舎だけで
医学部医学科専願者60名中
医学部医学科に実数で32名合格!
(実数合格率53.3%)

お電話からのお申込みはこちら
名古屋校:0120-9816-33
9:00〜22:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)

富士学院 名古屋校

医学部受験予備校 富士学院 名古屋校

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-8-7 ダイアビル名駅1F(総合受付)
JR「名古屋駅」桜通口(東口)徒歩約7分
地下鉄東山線名古屋駅 徒歩約5分
地下鉄桜通口国際センター駅 徒歩約3分
名鉄名古屋駅 徒歩約7分
フリーダイヤル:0120-9816-33
代表番号:052-586-9179