お電話からのお申込みはこちら
京都校:0120-05-9179
9:00〜22:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)

2023年度 国公立医学部学校
推薦型・一般選抜の最新の情報と
様々な合格事例を含めた
合格のポイントを一挙に解説!

  • 2022年度の大学入学共通テストの内容や結果は?
  • 2023年度大学入学共通テスト及び医学部推薦・一般選抜の最新情報は?
  • 大学毎に異なる学校推薦型・総合型選抜の傾向や合格のポイントとは?


富士学院の合格セミナーでできるだけ詳しく解説します!

  • 全国の直営校による情報ネットワークの強みで、どこよりも「最新」のそして「正確」な国公立医学部の入試情報が把握でき、一歩先んじた対策を取ることができます。


富士学院は
ココが違う!

ポイント 1
国公立医学部医学科に強い!
2022年度医学部医学科専願者43名中
東京医科歯科大学、京都府立医科大学をはじめ37名合格!(合格率86%)

2021年度医学部医学科専願者63名中
名古屋大学、大阪大学、九州大学をはじめ54名合格!(合格率85%)

2020年度医学部医学科専願者55名中
東北大学をはじめ44名合格!(合格率80%)

2019年度医学部医学科専願者39名中
千葉大学、九州大学をはじめ33名合格!(合格率85%)

2018年度医学部医学科専願者28名中
東京大学理科三類をはじめ25名合格!(合格率89%)
ポイント 2
京都校1校舎だけで2022年度医学部医学科専願者
19名中医学部医学科に実数で10名!
国公立医学部医学科専願者5名中 京都府立医科大学含む4名合格!
ポイント 3
偏差値だけでは計れない様々な合格事例を用い、合格を勝ち取るポイントを解説!
ポイント 4
全国の直営校による
スケールメリットを生かした最新の医学部入試情報
の取得をはじめ、
様々な入試情報や入試データを生徒一人ひとりに具体的に生かせる学習環境
お電話からのお申込みはこちら
京都校:0120-05-9179
9:00〜22:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)


要 項

日時

9月18日(日)
13:00~
 開場 12:30
※文部科学省発表の学校における新型コロナウイルスに関する衛生管理マニュアルを引照し
徹底した感染症対策を行っています。

会場

富士学院 京都校

定員

30名

参加費

無 料

対象

2023年度国公立医学部受験をお考えの方、及び保護者の方
※将来国公立医学部を目指す生徒・保護者の方も参加可能です。


プログラム

12:30〜 開場・受付
13:00〜 国公立医学部(推薦・一般)合格セミナー
2022年度国公立医学部推薦・一般選抜の総括と
2023年度選抜の概要及び合格のポイントについて
(富士学院 教務部)
14:00〜 面接指導(希望者のみ)/個別相談会(希望者のみ)

※学院職員による個別(進学・学習)相談、希望には面接指導が可能です。
お気軽にお申込みください。
※時間割は変更の可能性があります。

本番さながらの緊張感の中で行う面接指導 画像 本番さながらの緊張感の中で行う面接指導

セミナー終了後は、希望者全員に面接指導を実施!

合否に大きく影響を及ぼす面接試験、富士学院の『面接指導』のノウハウを公開します。

【富士学院の面接指導はココが違う!】

point
各大学及び多くの合格者からの直接聞き取りに基づく膨大な情報の蓄積と緻密なシミュレーション。
point
全国の直営校による情報ネットワークを生かした、地域別大学ごとの詳細な面接資料を受験生に活用!


Q&A

Q
受験生でなくても中高生の参加は可能ですか?
A.
もちろんです。難関の医学部合格を、更には医学部現役合格を目指すのであれば学校推薦型選抜を視野に入れることを含め、早い段階からの意識や準備は合格に向けての大きなアドバンテージとなります。本イベントが少しでも医学部受験への参考となり、意識を高める場になれば幸いです。
Q
国公立医学部医学科の合格実績について教えてください。
A.
2022年度実績として東京医科歯科大学をはじめ国公立医学部医学科専願者43名中37名合格(合格率86%)、2021年度は名古屋大学、大阪大学、九州大学をはじめ国公立医学部医学科専願者63名中54名合格(合格率85%)、2020年度は医学部医学科専願者55名中44名合格(合格率80%)、2019年度は千葉大学、九州大学をはじめ国公立医学部医学科専願者39名中33名合格(合格率85%)と、過去最高の合格実績を出すことができました。また2018年度は東京大学理科三類の合格者をはじめ国公立専願者28名中25名合格(合格率89%)、2017年度合格実績では京都大学や東京医科歯科大学をはじめ国公立医学部医学科専願者20名中17名合格(合格率85%)、2016年度合格実績では専願者12名中10名合格(合格率83.3%)、2015・2014年度ではそれぞれ8名が合格を果たしました。
富士学院の合格実績について

2022度国公立医学部に見事合格した
京都校在籍の生徒から
喜びの声が届いています。
その一部をご紹介します。

2022年度
京都府立医科大学特別選抜(学校推薦型選抜)合格
M・Sさん 京都府立洛北高校
1年違っていたら、まだ京都校は開校してなかったですし、浪人していなかったら素晴らしい先生方、教務の方々、医学部を共に目指す仲間に出会えませんでした。この1年で自分自身が大きく変わったので、浪人して良かったと思います。

私は、中高6年間別の医学部専門予備校に通っていました。少人数制の恵まれた環境でしたが生かしきれず、共通テストは85%を切り、京都府立医科大学の推薦に出願することもできませんでした。現役で受験した鳥取大学と大阪医科薬科大学はどちらもあと数点のところで不合格となりました。
浪人が決まってすぐ、母がHPで富士学院のことを知り、一緒に説明を聞きに行きました。教務の方々が明るい雰囲気で、何年も見てもらっていたかのような安心感がありました。悩んだ末、選抜試験で半額免除になったこともあり、富士学院に通うことにしました。
富士学院を選んで良かった点をいくつか挙げたいと思います。1つ目に、いつでも気軽に話せる先生方、教務の方々がいらっしゃったことです。度々気にかけてくださったので、質問も相談もしやすかったです。また、先生方のバランスが良く、辛口で指摘してくださる先生もいれば、不安になるほど褒めてくださる先生もいました。そのおかげで、落ち込み過ぎずに、適度に焦りを感じながら勉強できました。
2つ目に、快適な自習室があったことです。自習室が広く、自分の席を自由に使えたので、勉強しやすかったです。また、他の人の勉強している姿が見えるので、辛い時にも頑張ろうと思えました。
3つ目に、朝テストや夜間添削、週テストなどで、緊張感を持って速く問題を解く機会がたくさんあったことです。毎回うまくいくということはなく、悔しい思いを何度もしましたが、試験本番に生かされたと思います。
4つ目に、全国の校舎にライバルがいたことです。全国模試や実力テストなどで、全校舎の上位の成績が発表されるので、油断できず、毎回1位を目指して、モチベーションを維持できたのが良かったです。
現役の時は、ただがむしゃらに勉強するしかなく、本当に医師になりたいのかも分からなくなってしまいました。この1年間自分に向き合い、どんな医師になりたいのか考えました。自分の納得のいく言葉に表せず、何度も泣いて教務の方を困らせてしまいました。長い間面接練習をして下さりありがとうございました。
1年違っていたら、まだ京都校は開校してなかったですし、浪人していなかったら素晴らしい先生方、教務の方々、医学部を共に目指す仲間に出会えませんでした。この1年で自分自身が大きく変わったので、浪人して良かったと思います。支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。

2022年度
福井大学医学部医学科 一般選抜(前期日程)合格
T・K君 洛星高校
富士学院で学ぶことで必ず医学部に合格できると思います。

今年1年を振り返ってみて、富士学院を選んで本当に良かったと思っている。私は、浪人1年目には別の予備校に通っていて、2年目に富士学院を選んだ。浪人1年目で自分に足りなかったもの以上のものを富士学院で学べて、とても充実した日々になった。
私は今年1年、富士学院で学習するなかで自分の医学部受験への態度がいかに浅かったかを知った。自分で参考書を解き、分かった気になっていた自分の勉強法が間違っていたことに気づいた。富士学院で毎日授業に出席し、先生方のとても分かりやすい授業で自分の理解を深めてくれた。そして日々の多くの課題をこなし、週1回の復習テストを受けることで、しっかりと学習したものが自分の身についた。そういったひびの積み重ねで合格に至ることができました。
富士学院で自分に関わってくださった方々に心から感謝します。そして、富士学院で学ぶことで必ず医学部に合格できると思います。

「富士学院に相談して本当によかった!」
保護者からも感謝の言葉をいただきましたので
その一部をご紹介します。

2022年度
京都府立医科大学特別選抜(学校推薦型選抜)合格
N・S様(お母様)
この1年で娘は本当にたくましく成長し、昨年全敗だった娘が、京都府立医科大学・防衛医科大学校・大阪医科薬科大学(特待)・国際医療福祉大学と、全勝することができました。

現役の3月、合格発表で突きつけられた現実。心のどこかでは薄々気付いていたように感じる一方、神にも仏にも見放されたような、深い悲しみのどん底に横たわったのも事実。沈む娘の姿を見るにつけ、親としては身も心もはりさけそうな気分でした。
浪人が決定した以上、立ち止まっていても仕方がありません。来春の合格を掴み取れるかどうかは、予備校選びとスタートダッシュにかかっています。娘の弱点を克服しつつ、その能力を最大限に引き出してくださる先生方に出会えるかどうか。予備校選びだけは、決して間違えるわけにはいかないと、強く思ったことを思い出します。
そんな中、目に飛び込んできたのが京都に新規開校されたばかりの富士学院でした。様々な学部志望者のいる大手予備校とは違い、医学部志望が前提の医学部予備校は、やはりしっくりときました。ぶしつけな質問をはじめ、様々な不安や疑問の1つ1つに、丁寧に答えてくださったのは、いうまでもありません。大手予備校3校・医学部予備校2校の説明も受けましたが、娘にとって最良の予備校として選び抜いたのは、富士学院京都校でした。
短時間にもかかわらず、これまでずっと見てきてくださっていたかと思うくらいの鋭い洞察力で娘を見抜いてくださったことなど、ここなら安心しておまかせできると確信できる要素がたくさんありました。手を変え、品を変え、娘のモチベーションと能力を引き出し、常に温かく見守り、寄り添ってくださる先生方の講師力はもちろんのこと、親として非常にありがたかったのが、教務の方々のお力添えと、月1回のスペシャルディナーでした。
この1年で、娘は本当にたくましく成長しました。単に医学部に入りたいという薄っぺらな気持ちではなく、本当に医師になりたいのか、どんな医師になりたいのか、その覚悟と自覚を持った子は、やはり受験にも強くなれると実感しました。その証拠に、昨年全敗だった娘が、京都府立医科大学・防衛医科大学校・大阪医科薬科大学(特待)・国際医療福祉大学と、全勝することができました。短いようで長い、長いようで短かった富士学院での濃密な1年は、娘の人生にとってきっと必要な時間だったのでしょう。そして、貴重な思い出の1ページになることと思います。たくさんの方々に支えていただき、今日があることに、心から感謝いたします。チームM!最強で最っ高のメンバーでした!本当にありがとうございました。

2022年度
福井大学医学部医学科 一般選抜(前期日程)合格
M・K様(お母様)
1年でE判定をA判定にして国立に合格したい。目標を達成することができたのは、富士学院に出会えたおかげだと思っています。

1年でE判定をA判定にして国立に合格したい。これが私と息子の目標でした。そのためにはどうしたらいいか。5月にD、夏前にC、夏が過ぎたらB、そして年末までにA判定にしたい。時間がないから毎日通える塾にしようと思いました。どんな予備校なら毎日通えるのか。私はカリキュラムが決まっていて、休んだら保護者に連絡してくれるところがいいと思い、息子は自習室の環境が一番大切と思って富士学院に決めました。
医学部受験に一浪は当たり前とあまり悩まずに大手予備校を選んだ1年目は、コロナ禍で対面授業がなくなり、自宅での学習のペースがつかめず、そのまま1年が過ぎてしまいました。本人の自己管理もできていなかったと思いますし、私もどう支えていいのか、初めてのことで分からず、成果も見えない中不安な1年でした。
富士学院に通い始めて、毎日通うことは楽ではなかったですが、先生方や教務の方がいつも明るくお声かけくださっているようで、とにかく1ヶ月、また次の1ヶ月頑張ろうと励まし合っていると、6月頃には本当に成績が上がっていきました。このまま続けていけば必ず合格できると希望が持てました。毎月の報告書に、先生方からこの部分はよくできている、この部分は改善すべきなどと丁寧なコメントがあり、学習の進行状況や成果が見えることが励みになりました。
お盆とお正月とワクチン接種以外はほぼ休むことなく、目標を達成することができたのは、富士学院に出会えたおかげだと思っています。
先生、教務のみなさま、本当にありがとうございました。


2022年度医学部医学科
最終合格のべ431名

※推薦含む、一次・補欠含まず

医学部医学科専願者466名中
実数で267名合格(実数合格率57.3%)
国公立医学部医学科専願者43名中
37名合格 合格率 86%

2022年度 京都校1校舎だけで
医学部医学科専願者19名中
医学部医学科に実数で10名合格!

国公立医学部医学科専願者5名中
京都府立医科大学含む4名合格!

お電話からのお申込みはこちら
京都校:0120-05-9179
9:00〜22:00(平日・土曜) 10:00〜18:00(日曜・祝日)

富士学院 京都校

医学部受験予備校 富士学院 京都校

〒604-8872
京都府京都市中京区壬生御所ノ内町35
阪急京都線「大宮駅」徒歩約6分
JR「二条駅」徒歩約10分
地下鉄東西線「二条駅」徒歩約10分
「壬生寺道」バス停徒歩約2分
「四条中新道」バス停徒歩約3分
フリーダイヤル:0120-05-9179
代表番号:075-802-9179