お電話からのお申込みはこちら
小倉校:0120-08-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


2019年度
久留米大学医学部医学科
推薦入試全合格者25名中10名が富士学院生
(占有率約4割!約2人に1人が学院生)

2020年度入試から、
地域枠推薦入試と新規導入の福岡県特別枠推薦入試が
2浪生まで出願可能!
更に地域枠定員の5名増
福岡県特別枠の5名で、
一般推薦と併せた総定員は、
従来の約25名から約35名と大幅増

合格チャンスが広がる2020年度推薦入試、
最新の出題形式に応じた学科対策と
合計100点もの配点を占める
小論文・面接
について徹底対策!

基礎学力テストは【英語】60分100点・【数学】60分100点で出題され、
【小論文】60分50点と【面接】10分程度50点の評価を含め、合否が決まります。
また、英語はハイレベルな単語力が求められ、数学は標準的な問題の理解に加え、
1ランク上の計算処理が必要とされます。
推薦対策講座ではこれまで蓄積された様々なデータや最新情報に基づいて、
ベテラン講師陣と職員が、基礎学力テストの対策から、久留米大学の独自の評価基準がある小論文に加え、
面接対策までをしっかりと対応し、入試本番に備えます。


富士学院は
ココが違う!

ポイント 1
実績が違う!
久留米大学医学部推薦入試合格者の約2人に1人が富士学院指導生!
2019年度推薦入試全合格者25名中10名(合格者占有率4割)
2018年度推薦入試全合格者25名中10名(合格者占有率4割)
ポイント 2
数多くの久留米大学医学部合格者を輩出してきた小倉校精鋭のプロ講師陣が徹底対策!
ポイント 3
対策の難しい小論文・面接試験対策も万全!
お電話からのお申込みはこちら
小倉校:0120-08-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


要 項

日時

9月8日(日)10:00~ 開場9:30

会場

富士学院 小倉校

定員

20名

参加費

面接対策・小論文対策込 10,800円(税込・昼食付)

対象

2020年度
久留米大学医学部推薦入試受験生


プログラム

9:30〜 開場
10:00〜 久留米大学医学部推薦入試の概要
10:20〜 プレテスト(英語)
11:30〜 プレテスト(数学)
12:30〜 昼休憩
13:20〜 プレテスト対策講義(英語)
14:30〜 プレテスト対策講義(数学)
15:40〜 小論文対策講義
16:30〜 面接対策講義
17:00〜 模擬面接
参加特典
久留米大学医学部推薦対策講座参加者の方には、11月3日(日)の『面接対策講座&模擬面接』及び11月10日(日)の『推薦直前面接対策』無料で参加できます。

医学部受験のプロ講師陣が解説!医学部受験のプロ講師陣が解説!

久留米大学模擬面接の様子本番と同じ緊張感の模擬面接


出願資格
ー抜粋ー


2020年度の推薦入試変更点

・地域枠の定員約15名 → 約20名に変更
・地域枠の出願資格1浪まで → 2浪までに変更
福岡県地域特別枠(5名)を新たに導入。(2浪まで可)
※専願―合格の場合は、必ず入学することを条件とする


一般推薦入試

下記の条件を全て満たす者。

高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ)を2020年3月卒業見込みの者。
および2019年3月卒業者(1浪生)。

高等学校の全体の評定平均値が3.8以上の者。

本学に学ぶことを熱望し、人物・学業ともに優秀であり、
入学後の能力向上が期待でき、高等学校長が推薦した専願者。

※久留米大学医学部医学科地域枠推薦入試、福岡県特別枠推薦入試との併願は可。ただし合格はいずれか一つのみ。


地域枠推薦入試

高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ)を2020年3月卒業見込みの者。
および2019年3月卒業者(1浪生)、2018年3月卒業者(2浪生)。

高等学校の全体の評定平均値が3.8以上の者。

本学を卒業後、久留米大学病院において臨床研修(2年)を行い、
臨床研修終了後、久留米大学病院および久留米大学医療センター(本学が指定する医療機関含む)において
4年間地域医療の発展に貢献する強い意志のある者で、高等学校長が推薦した専願者。

※久留米大学医学部医学科一般推薦入試、福岡県特別枠推薦入試との併願は可。ただし合格はいずれか一つのみ。


福岡県特別枠推薦入試

高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ)を2020年3月卒業見込みの者、
2019年3月卒業者(1浪生)および2018年3月卒業者(2浪生)

高等学校の全体の評定平均値が3.8以上の者

福岡県内の地域医療に貢献する明確な意思を持つ者で、高等学校長が推薦した専願者
(久留米大学医学部医学科一般推薦入学試験、地域枠推薦入学試験との併願は可。ただし、合格はいずれか1つのみ。)

福岡県地域医療医師奨学金制度に応募する者

福岡県が実施する奨学金制度の詳細は以下をご確認ください。
https://www.kurume-u.ac.jp/site/nyuushi/info-outline-fukuoka.html

2019年度
久留米大学医学部推薦入試の総括

英語は昨年よりやや難化。数学は昨年並み。
英語は発音問題の大問がなくなり、他の大問での設問数が増減するなどの大きな変化が見られた。
読解分野を中心に問題文や設問の難度がやや上がっており、読解力・構文力の差が出やすくなっている。
また、正誤問題の形式と設問数にも変更が見られたが、難度は標準レベルだった。
語彙問題も設問数が増加したが、難度は主に標準レベルで昨年並みであった。
全体として昨年よりやや難化。

数学は分量・難易とも変化なく全体的に基本的な問題であり、昨年度に引き続き難易度のばらつきが抑えられていた。
微分法と積分法の出題はなかったが、その他の代数・幾何・解析・離散の内容はバランスよく出題されていた。
なお、過去3年出題されていた対数は出題されなかったが、最近出題がなかった証明問題が出題された。
基本的な語句・計算を問う問題は練習を十分積んできた受験生にとっては難なく解法が浮かぶような内容であり、
落ち着いて得点したいところ。
また、第4問は近年出題されていなかった証明問題だったので、
証明が苦手で避けてきた受験生は驚いたかもしれない。
推薦入試では数学ⅠAⅡBの基本をしっかり習熟すること。
単元による知識のムラを無くし、教科書の例題から重要例題の解答をしっかり作れるようになることが求められる。

小論文のテーマは、「理想的な地域医療のあり方」で、
医学部を目指す受験生にとって取り組み易いテーマではあったが、記述内容によっては差がついたと思われる。


2019年度 推薦入試結果

募集人数 志願者数 受験者数 合格者数 倍率
一般推薦 約10名 104名 104名 10名 10.4倍
地域枠 約15名 93名 93名 15名 6.2倍


2018年度 推薦入試結果

募集人数 志願者数 受験者数 合格者数 倍率
一般推薦 約10名 128名 127名 10名 12.7倍
地域枠 約15名 116名 115名 15名 7.7倍

2019年度久留米大学医学部に
見事推薦合格!
小倉校在籍生徒の喜びの声
一部ご紹介します。

久留米大学医学部医学科合格(推薦)
Y・Mさん
富士ゼミ生 明治学園高校
自分が全力で努力して勝ち取った合格は、自分の自信にもなりますし、なにより達成感は言葉にしようがありません

私が富士学院に入学したのは高校3年のときでした。その頃私は、偏差値50前半台で勉強が得意ではなく、自分に自信がなかったため医学部を少し諦めていました。しかし、その年の受験に失敗したとき、改めて悔しく思い今年1年だけ頑張ろうと心を入れ替え、引き続き富士学院にお世話になることを決めました。
富士学院の良い所は、まず生徒の人数が少ないため先生と生徒、また生徒同士の距離が近いところだと思います。日頃から勉強だけでなく、メンタル面の相談に何度も乗ってもらいました。そのおかげで、挫けそうになる度に支えて下さり、本当に感謝しています。また、どの先生方も全力で私たちに接してくださるので、どんな時も自分のモチベーション維持になりました。
私が4月から勉強して学んだことは、やはり諦めずにコツコツと続けることがいかに大切かということです。すぐに結果を求め日々勉強する中で、上手く点数が出なかったり、周りと自分を比べて不安になることは多々ありました。もちろん何度も今年もダメかもなんて弱気になりました。しかし、その度に先生方が手を差し出して下さり、また自分自身諦めたくないと気持ちを奮い立たせて努力してきました。自分が全力で努力して勝ち取った合格は、自分の自信にもなりますし、なにより達成感は言葉にしようがありません。
最後に、この一年間ずっと私を支えてくださった先生方、教務の方、本当にありがとうございました。皆さんもぜひ、富士学院で自分の夢を掴んでほしいと思います。

「富士学院に来て本当に良かった」
保護者の方からもお喜びの声
お寄せ頂いています。

2019年度
久留米大学医学部医学科推薦入試合格
C・H様(お母様より)
1浪での合格という約束を果たした娘を誇りに思い、合格へと導いてくださった富士学院の皆様に大変感謝しております。

富士学院との最初の出会いは高3の9月にあった入試説明会です。その際、模試の成績などを見て適切なアドバイスを頂き、個別指導を受けることを決めました。しかし、現役での合格は厳しく、1浪までという約束でそのまま富士学院にお願いすることにしました。
少人数での授業のため、分からないことがあればすぐ質問ができ、授業中に生まれた不安は授業中に取り除くことができる充実した時間を過ごせたようです。
先生方、教務の方々が娘の特性、性格、レベルに合わせたアドバイスや志望校選びをしてくださり、学習面、生活面、精神面など多くの面で娘を支えてくださいました。
その結果、今回の久留米大学の推薦入試に合格することができました。約束であった1浪での合格を果たした娘を誇りに思い、そして合格へと導いてくださった先生方、教務の方々に大変感謝しております。本当にありがとうございました。

2019年度
久留米大学医学部医学科推薦入試合格
K・M様(お父様より)
富士学院のおかげで娘は第一志望に合格することができました。

娘が医師を志し、医学部進学を決めて現役時代勉強をしておりましたが、正直なところハングリー精神が欠けており夢叶うのはいつになることやらと心配しておりました。お人好しという性格も相まって、大手予備校では学力向上が望めないと考え、色々な方に相談した結果、娘は富士学院で勉強することとなったのです。初めて親元を離れた一人暮らしであったため、親としては大変心配しておりましたが、多くの友人にも恵まれ、先生方以外に事務スタッフや食堂スタッフの方々までもが気にかけてくださったおかげで寂しい思いをせずに済んだようです。また学習面においては、全ての面において個別にデータ分析がなされており、娘にあった学習内容となっておりました。学院の指導に沿って一生懸命勉強をしておりましたが、なかなか成績が思ったように上がらず精神的にも落ち込んでいた時期もありました。しかし、先生方の熱心なご指導と受験の前日の夜まで手厚くサポートしていただいたおかげで娘は一浪で夢を叶えることができました。富士学院で過ごした1年間は娘にとって大きな宝となることでしょう。我が子のごとく親身になって娘のために尽力いただいた富士学院の先生方をはじめ全スタッフの方に感謝申し上げます。


Q&A

Q
授業を行うのはどんな講師ですか?
A.
医学部受験に精通したプロの講師です。また、例年、推薦対策講座を担当している講師で、久留米大学・福岡大学推薦入試で合格するためのノウハウが豊富です。
Q
他校でも面接指導は行われていますが、富士学院は何が違うのですか?
A.
面接試験の本質は、受験生の「スキル、考え方、人間性、これまでの生き方、今後はどうか」などその人そのものの内面や本質を見ていくものだと考えています。よく「こういう質問にはこう答えた方がいい」などのマニュアル的な答えを暗記させるようなケースがありますが、そのようなテクニックに頼ると実際の質問で面接官の意図とは微妙に違う答えになったり答えに詰まったりして、評価を大きく下げるケースがよくあります。富士学院の面接指導は「質問の意図を知る」「自分の言葉でしっかりと答える」「私はこういう人間である」というコミュニケーションの基本をしっかりと指導し、その上で受験する大学に沿った正しい面接対策を行っています。
Q
面接が苦手で本番だとどうしても緊張してしまいます。
どう対策すればいいでしょうか。
A.
面接対策を個人で行うことは困難なので、本番同様の環境で練習を行うのが最適です。また面接試験は大学によって求められるものが全く異なりますので、上記述べた事に加え、受験する大学に関する過去のデータに基づいた正しい具体的な面接の練習が必要です。富士学院では過去の受験生の聞き取りや最新の情報を分析し、本番同様の環境で模擬面接を行い、一人ひとりに具体的なアドバイスを行います。その結果、本番でも全く緊張せず臨めて合格を勝ち取ることができたと受講生から喜びの声をいただいています。


2019年度
久留米大学医学部医学科
推薦入試全合格者25名中10名が富士学院生
(占有率約4割!約2人に1人が学院生)

さぁ
あなたも富士学院の推薦対策講座を受けて
合格への第一歩を踏み出そう!

お電話からのお申込みはこちら
小倉校:0120-08-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 小倉校

医学部受験予備校 富士学院 小倉校

〒802-0014
福岡県北九州市小倉北区砂津3-2-18
JR「小倉駅」小倉城口 徒歩約10分
(チャチャタウンモール裏側)
西鉄バス「砂津バスセンター」バス停 徒歩約3分
フリーダイヤル:0120-08-9179
代表番号:093-531-6360

ページトップ