感染予防に関しての対策とお願いについて
校舎内(会場内)では必ずマスクを着用し、会場入り口でのアルコール手指消毒の徹底をお願いいたします。
受付にて非接触型体温計による検温を行います。発熱があった場合は入場を控えていただきますのでご協力のほどお願いいたします。
※今後の状況次第で中止、または内容を一部変更する場合がございます。
富士学院の新型コロナウイルス感染症対策についてはこちら→ 『少人数制予備校だからこその徹底した感染症対策』
お電話からのお申込みはこちら
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


2021年度
医学部医学科専願者448名中
実数で249名合格(実数合格率55.5%)

今年度も生徒の2人に1人以上が
医学部医学科に進学!


鹿児島校1校舎からの医学部医学科専願者
32名中実数で14名合格!

2022年度私立医学部
学校推薦型・一般選抜の最新の情報
様々な合格事例を含めた合格のポイントを一挙に解説!


学校推薦型選抜
※大学により名称はそれぞれ異なります

出願資格が限定されていることから一般選抜と比べ総じて倍率も低く、合格のチャンスが広がります。


総合型選抜
※大学により名称はそれぞれ異なります

学力だけではなく総合的に人物像を見ていくため、提出書類は総じて多くなります。
まずは各大学の出願資格、選考方法をしっかり把握することが大事です。


一般選抜
※大学により名称はそれぞれ異なります

受験日程が合えば何校でも受験が可能な一般選抜。
受験日の重複が多い私立医学部入試は出願大学の選定と、受験日程の組み方も大事なポイントになります。

  • 昨年度の私立医学部入試はどのような傾向だったのか?
  • 2022年度医学部推薦・一般選抜の最新情報は?
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で2022年度入試は今後どうなる?
  • 大学毎に異なる私立医学部選抜の傾向や合格のポイントについて詳しく知りたい。


富士学院の合格セミナーでできるだけ詳しく解説します!


受験者数の減少等により
合格のチャンスが広がっている私立医学部入試

少子化等の影響で、ここ数年志願者・受験者数が減少傾向にある私立医学部入試ですが、
今年度はコロナ禍の影響もあり、一般選抜・共通テスト利用選抜は志願者・受験者数共に昨年度よりも更に大幅な減少となりました。
対して募集人員が増えた総合型・学校推薦型は志願者・受験者共に今年度も微増となりましたが、志願倍率・実質倍率は共に今年度も下がっています。この傾向は、当分の間続くと思われ、今後は更に合格のチャンスが広がってきます。合格を勝ち取るためにぜひこのセミナーをご活用ください。


総合型・学校推薦型選抜概況

年度 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 総合格者数 倍率
2021年度 596名 3,528名 5.9倍 3,478名 653名 5.4倍
2020年度 522名 3,272名 6.3倍 3,250名 544名 6.0倍
2019年度 482名 3,197名 6.6倍 3,145名 526名 6.0倍


一般選抜・共通テスト利用選抜概況

年度 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 総合格者数 倍率
2021年度 2,876名 91,223名 31.7倍 84,154名 7,186名 11.7倍
2020年度 2,936名 100,626名 34.3倍 92,922名 6,999名 13.3倍
2019年度 3,009名 102,908名 34.2倍 95,235名 6,786名 14.0倍

全国9校舎の直営校による
情報ネットワークの強みで、
どこよりも「最新」のそして「正確」な
大学毎の入試情報が把握でき、
一歩先んじた対策を取ることができます。

お電話からのお申込みはこちら
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


要 項

日時

9月12日(日)13:00~ 開場12:30
※ご参加は密を避けるため1 組につき2 名まででお願いいたします。
※文部科学省発表の学校における新型コロナウイルスに関する衛生管理マニュアルを引照し徹底した感染症対策を行っています。

会場

富士学院 鹿児島校

定員

30名
※ご参加は密を避けるため1組につき2名まででお願いいたします。
※お申込は先着順でお受け致します。

参加費

無 料

対象

2022年度私立医学部受験をお考えの方、及び保護者の方
※将来私立医学部を目指す生徒・保護者の方も参加可能です。


プログラム

12:30〜 開場・受付
13:00〜 私立医学部(推薦・一般)合格セミナー
2021年度私立医学部推薦・一般選抜の総括と
2022年度選抜の概要及び合格のポイントについて
(富士学院 教務部)
14:00〜 個別相談会(希望者のみ)

私立受験セミナー イメージ画像


Q&A

Q
難関の医学部受験を突破するためにこれから何が必要でしょうか?
A.
医学部入試は情報戦です。
①まずは大学毎の正確な入試情報を知る
②自分の得意・不得意科目を含めた現状の学力をしっかり把握する。
③受験校を選択していく
④合格に向けて自身の足りない所を補いながらできる限り大学毎の対策をとることが合否の大きな決め手となります。
Q
受験生でなくても中高生の参加は可能ですか?
A.
もちろんです。難関の医学部合格を、更には医学部現役合格を目指すのであれば学校推薦型選抜を視野に入れることを含め、早い段階からの意識や準備は合格に向けての大きなアドバンテージとなります。本イベントが少しでも医学部受験への参考となり、意識を高める場になれば幸いです。

2021年度私立医学部に見事合格した
鹿児島校在籍の生徒から
たくさんの喜びの声が届いています。
その一部をご紹介します。

2021年度
国際医療福祉大学 一般選抜合格
M・Sさん 志學館高等部
さぼりがちな私にいつも声をかけてもらい、頑張って行こうという気持ちにさせてくれました。

私は高校一年の夏から一年間アメリカに留学し、帰国後は留年せず進学したため、英語以外の科目がみんなに遅れを取っている状態でした。特に数学が苦手でした。親に勧められ富士学院に入学したのは高三の九月で数学の授業をとりました。個別指導のため私のレベルに合った授業をしてもらい、数学の実力が付いたのではないかと思います。医学部以外の学部にも興味があったため、受験校を決めかねていましたが、私に合った学校を提案してもらいました。二次試験の前には面接の指導をして頂き、本番では緊張することなく面接に臨むことができました。指導以外では、さぼりがちな私にいつも自習室に早く来るように声をかけてもらい頑張って行こうという気持ちにさせてくれました。また、学校の友達も多く通っていたので、楽しく通うことができました。高校の先生も、留学していたにもかかわらず現役で合格できたことに驚いています。富士学院に通ったおかげだと思います。ありがとうございました。

2021年度
久留米大学医学部医学科 一般選抜(前期)合格
A・Yさん 志學館高等部
富士学院の職員の皆様に出会え、一緒に合格をつかめたことに感謝します。

最初に、高校生・一浪目とさまざまなサポートをしてくださった職員の皆様、本当にありがとうございました。現役時も毎日声をかけてくれて、勉強を頑張って合格しよう!という一緒に頑張ってくれる感じが私にはぴったりでした。また、なんといっても他の予備校とは違う温もりがあります。小学生の頃から多くの塾に行ってきましたが、富士学院ほど職員の皆さんがほんわかした雰囲気のところはありませんでした。私の性格もよく分かってくれている校舎長や、良いことがあったら、泣いて喜んでくれたNさんがいる中で勉強できて本当によかったです。また、面接練習も不安が消えるまで何回もしてくれてそのおかげで、久留米大学医学科にも合格できました。校舎長の面接練習の時にしてくれる話も、受験が終わってからもためになる話ばかりでした。富士学院で教わったことは今後の私に繋がるものが多くありました。富士学院の職員の皆様に出会え、一緒に合格をつかめたことに感謝します。本当にありがとうございました。

2021年度
産業医科大学 一般選抜合格
K・T君 志學館高等部
富士学院で学んだことを医学部六年間に生かします。

合格までの一年間支えて下さった校舎長、教務職員の方々、各教科の先生方、質問対応の先輩方、そして家族に感謝します。一年で絶対に医学部に合格すると覚悟して富士学院で浪人生活を始めました。この合格は支えてくださった全ての方々のおかげです。去年、合格を果たせなかった原因となった「自分に対する甘さ」を無くし、毎日誰よりも頑張ると入学前の面談で宣言して始まった一年間、毎日7時30分から夜10時まで、目標を共にする仲間たちと学習しました。模試などでなかなか結果が出せず本当に苦しみましたが、その時は先生にアドバイスをもらったり、質問対応の先輩方と話をしたりして、とにかく自分の弱点と向き合いました。教務の方々には、こまめに声をかけてもらい勇気づけてもらいました。校舎長との面接指導では、自分を奮い立たせてくれる叱咤激励をいただきました。その甲斐あって直前の模試では良い結果を出すことができ、自信を持って試験に向けた準備が出来ました。共通テストで実力を十二分に発揮することが出来なかったことは悔しかったですが、全てのテストに対して自分を信じて挑めました。富士学院で学んだことを医学部六年間に生かします。将来は「良医」になり、今まで支えてくださった全ての人に恩返しをします。

「富士学院に相談して本当によかった!」
保護者からも感謝の言葉を沢山いただきましたので
その一部をご紹介します。

2021年度
国際医療福祉大学 一般選抜合格
N・S様(お母様)
最後まで進路に迷っていた娘が現役で医学部に合格できるとは思ってもみませんでした。

富士学院に初めて訪れたのは、娘が高校3年生の夏でした。実は当初、娘は国際系の学部と医学部どちらを受験するかを決めかねており、医学部受験塾である富士学院に入学することは娘の進路の選択を却って狭めてしまうのではないかと躊躇していました。結局、迷った気持ちのままでしたが入学を決め、娘の気持ちを尊重した進路指導をして頂きました。苦手な数学を受講しましたが、個別指導のため質の高い指導で学力が付いた事を実感しているようでした。また月一回送られてくる指導記録も細かく記載されており丁寧な指導をして頂いている様子がわかりました。のんびり屋の娘は初めは数学の授業のある日以外はほとんど自習室を活用していませんでしたが、校舎長を初め職員の方々が温かく接してくださったおかげで、だんだん自習室に通う頻度も増えていったように思います。私の時代とは違う今の医学部受験の特徴や情報を知ることができたことや、娘に合った受験校の提案、志願書の作成の指導、願書提出のお手伝い、面接の練習などなど多くのサポートが充実していたことはとても心強かったです。最後まで進路に迷っていた娘が現役で医学部に合格できるとは思ってもみませんでした。富士学院にお世話になり本当に良かったと思います。心より感謝申し上げます。

2021年度
産業医科大学 一般選抜合格
J・T様(お父様)
貴重なこの一年を支えて頂いた富士学院の皆様に感謝いたします。

「全ての人々に医療を届ける医師になる」この目標を掲げ勉強を始めたのがちょうど一年前でした。現役の時には夢はありましたが合格に結びつかず、本人の一年間勉強したいという願望があり、受験勉強を富士学院の先生と始めました。朝早く塾に行き、苦手な科目の克服に明け暮れる毎日でした。集中力の続かないこともありましたが目標を見つめ直し、共通テスト九割をめざして、夜遅くまで勉強していました。塾での個別授業や二次対策、面談などを通して、三月に合格をむかえることができました。第一志望とまではいきませんでしたが、医師になるという目標に一歩近づくことのできた一年間でした。子どもと共に親も成長できた一年間であり、子どもにとってこの一年間の努力の時間はこれからの大学での勉強に大いに役立つ時間だと思います。貴重なこの一年を支えて頂いた富士学院の皆様に感謝いたします。


2021年度
医学部医学科専願者448名中
実数で249名合格(実数合格率55.5%)

今年度も生徒の2人に1人以上が
医学部医学科に進学!


鹿児島校1校舎からの医学部医学科専願者
32名中実数で14名合格!

お電話からのお申込みはこちら
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 鹿児島校

医学部受験予備校 富士学院 鹿児島校

〒890-0046
鹿児島県鹿児島市西田2-21-3 NUビル6F(総合受付)
JR「鹿児島中央駅」西口 徒歩1分
フリーダイヤル:0120-66-9179
代表番号:099-812-9179

ページトップ