医学部予備校 富士学院は医学部受験に特化した個別指導を東京・名古屋・岡山・小倉・福岡・鹿児島で行っております。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京御茶ノ水校 医学部予備校富士学院 東京十条校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 大阪校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へはこちら 高卒生の方へはこちら 保護者の方へはこちら 指導コースのご紹介はこちら 合格実績はこちら よくある質問はこちら

鹿児島の医学部専門予備校の選び方はどうすればいいの?

医学部予備校「富士学院」トップページ > コラム > 鹿児島の医学部専門予備校の選び方はどうすればいいの?

鹿児島の医学部専門予備校の選び方はどうすればいいの?

鹿児島にある医学部専門予備校の選び方はどうすればいいのか?


鹿児島にはたくさんの予備校がありますが、実際にどのようにして選べばいいのでしょうか。例えば浪人生が予備校を選ぶときには、高校をすでに卒業している状態なので、1日のほとんどをその学校で過ごすことになります。したがって、通学する時間はもちろんですが、その予備校の雰囲気が自分に合っているかどうかもきちんとチェックする必要があります。雰囲気が合わないと、どうしても集中できなかったり、通うのが嫌になったりする可能性があるので注意しましょう。
また、入学する前には必ずその予備校の合格実績をチェックしましょう。どのくらいの実績があるのかを知ることは、その学校に通うかどうかを決める要素にもなります。特に医学部などの最難関の学部を目指す受験生であれば、実績が豊富にある学校でないと合格まで遠回りしてしまうことになる可能性があるので注意しましょう。
また、その学校の規模も大事です。地元密着型の学校もいいですが、やはりきちんとした実績のある学校は他県にも学校があるので、そのような大手の予備校の方が安心して通うことができると言えます。
鹿児島にもそのような学校はたくさんあるので、まずはネットから調べるといいでしょう。パンフレットの請求もネットからできますし、さらにわからないことがあれば電話でも相談ができます。特に授業料のことに関しては必ず調べておきましょう。授業料は安いに越したことはありませんが、やはり安いと講師の質にも関わってくることがあります。講師の紹介や指導コースを参考にして、適切な料金かどうかを判断することが大事です。

鹿児島にある医学部専門予備校は指導スタイルで選ぶことも大事


医学部専門予備校を選ぶときには、その学校の授業料や実績も大事ですが、指導スタイルで選ぶことも大事です。学校によって集団授業か個別指導かが分かれてきます。集団授業というのは、よくある大勢の受講生相手に講師が1人で授業するスタイルです。一方個別指導であれば、少人数を講師が担当する授業スタイルになります。
どちらもメリットやデメリットがありますが、例えば集団授業であればクラスメートと仲良くなれるので、皆で切磋琢磨しながら勉強に励むことができます。また、モチベーションを保ちやすくもなるので、継続した学習が期待できます。一方個別指導であれば、生徒一人一人に合った対応をすることができるので、自分なりの学習方法があるといった場合には個別指導を選ぶのもよいでしょう。また、周りに影響されることがないので、自分のペースを保ちやすいというメリットがあります。
集団授業と個別指導のどちらがいいのかは、自分の好みで決めるといいでしょう。反対に、どちらか片方しか指導スタイルがないようであれば、必ず自分の好みにあった授業スタイルの学校に通うことが大事です。どちらも自分次第で成績を向上させることはできますので、自分がどちらの方に向いているのかは、入学前に相談して決めてもいいでしょう。
このようにして予備校や講師と信頼関係を結ぶことで、より一体感が生まれるので学習にも集中することができます。また、学校側が生徒一人ひとりに合ったカリキュラムを組んでくれるとなお良いです。授業の理解度や学習の進捗状況によってカリキュラムを組んでくれれば、自分に合った最適な学習ができるからです。鹿児島には多くの学校がありますが、きちんと探せばこのような授業スタイルの学校を見つけることができるでしょう。

鹿児島にある医学部専門予備校を選ぶときには環境も重視しよう


また、鹿児島にある医学部専門予備校に通うときには、周囲の環境も大事なことです。予備校での学習は浪人生の場合であれば丸1日になります。基本的に校外に出ることはありませんが、やはり周辺が歓楽街になっていると集中の妨げになるので注意しましょう。
また、通いやすい学校を選ぶことも大事です。通うために長時間移動したり、ラッシュに巻き込まれてしまったりすると、それだけで疲れてしまい肝心の学習への意欲が半減されてしまいます。また、帰宅するときには夜遅くなることもあるので、当然治安面で不安がないことも大事です。できるだけ人通りが多い場所にある予備校の方が安心して通えます。
現役生の場合であれば、学校の先生から色々とアドバイスを受けることができますが、浪人生の場合だとそうはいきません。したがって、勉強面以外でも相談に乗ってくれるような講師がいる学校にするといいでしょう。生活のことや将来のことなど、受験生にはたくさんの悩みや心配事があります。また、保護者にもきちんと情報公開をしており、安心して通うことができる学校であるかどうかも大事なことです。
校内の雰囲気も殺伐とした雰囲気ではなく、穏やかに過ごす雰囲気であることも重要です。いくら勉強するために予備校に通うとはいえ、ギスギスした雰囲気ではストレスも溜まりがちです。無用なストレスをためないためにも、校内の雰囲気が良い学校に通うことは受験生にとっては欠かせない条件です。

次の記事へ

医学部予備校富士学院の指導コースのご案内

  • 現役生 高卒生
  • 個人指導
  • 生徒・講師の1対1の完全マンツーマン指導で生徒の現状、
    目標・目的に合わせ最善の指導を行います
  • 詳しくはこちら
  • 高卒生
  • 富士ゼミ
  • これまで培ってきた入試データや受験ノウハウを最大限活かし、
    年間を通した受験指導で難関の医学部合格を目指します
  • 詳しくはこちら
  • 現役生 高卒生
  • 期間限定特別講習
  • 夏期・冬期講習、推薦入試対策、
    一般入試直前対策など
  • 詳しくはこちら
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です