医学部予備校 富士学院は医学部受験に特化した個別指導を東京・名古屋・岡山・小倉・福岡・鹿児島で行っております。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京御茶ノ水校 医学部予備校富士学院 東京十条校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 大阪校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へはこちら 高卒生の方へはこちら 保護者の方へはこちら 指導コースのご紹介はこちら 合格実績はこちら よくある質問はこちら

志望大学の対策をするにはどうすればいいのか

医学部予備校「富士学院」トップページ > コラム > 志望大学の対策をするにはどうすればいいのか

志望大学の対策をするにはどうすればいいのか

志望大学の対策を考える


志望大学の対策をするためにはどのような方法が有効なのでしょうか。まずは当たり前のことですが、志望大学をしっかりと決めることです。ただなんとなく勉強をするのではなく、志望大学別の対策をした方が効率的に学習を進めることができます。志望大学をどこにするのか迷っているのであれば、最低でも3年生の夏になるまでに決めておくことが大事です。なぜなら、目標を明確に決めることで勉強のためのモチベーションがアップするのと、志望大学に沿った対策が具体的にできるからです。ただなんとなく受験勉強を進めていてもモチベーションが上がらないのであれば、目標を決めることから始めるといいでしょう。
また、どこの大学に通うのかだけではなく、学部や学科まできちんと決めておくとより良いでしょう。理数系の学部であれば受験科目はほぼ同じなのであまり対策は変わらないかもしれませんが、やはり将来の目標が決まっていればそれだけ勉強にも身が入るようになります。そして志望大学が決まったら、できるだけ早くその学校の情報を集めるようにしましょう。入試の時期や受験科目などは多くの人が意識していますが、同時に合格体験記などもチェックしておくことをおすすめします。
合格体験記は受験生の生の声なのでとても参考になります。自分と同じ悩みを持った受験生がどのようにして克服して合格したのかという話はとても価値があります。具体的な対策方法などが記載していることもあるので、一度は目を通してみましょう。大手予備校であればたくさんの合格体験記があるので、それらの情報も収集することで予備校選びの参考にもなります。

志望大学の対策をするときに確認すべきことは


志望大学の対策をするときに、まずは自分の現在の成績や立ち位置などを確認することが大事です。3年生の春に受けた模擬試験の成績を基に、自分が全国レベルではどの程度の立ち位置にいるのかを把握しておきましょう。大学受験は自分が住んでいる地域の学生だけではなく、全国にいる受験生と競い合うことになります。できるだけ客観的に自分の実力を知ることで、具体的な対策を立てることができます。
高校3年生の春の段階で仮に成績が悪くても全く落ち込む必要はなく、1年かければ合格圏内にまで成績を伸ばすことは十分可能です。むしろ早い段階で自分の実力を知っておくことは、大きなメリットだと言えます。志望大学の対策をするときには、自分の得意分野や苦手分野を把握しておきましょう。得意分野はそのまま勉強していけばいいですが、苦手分野をいつまでも放置しておくと本番のときに得点を取ることができないので注意しましょう。苦手分野を克服するためには、まずは基礎レベルの問題を数多く解くことが大事です。基礎レベルの問題解法を身に付け、徐々にレベルアップしていくといいでしょう。ただ、自分で計画を立てて学習を進めることが難しいのであれば、予備校に通ってみるのも一つです。
予備校では、プロの講師が生徒一人一人の得意分野や苦手分野を把握した上でアドバイスしてくれるので、効率的に学習を進めることができます。また、志望大学別の分析もしっかりとしているので、国立大学志望の学生でも私立大学志望の学生でも安心して通うことができます。特に、医学部のようなハイレベルの入試問題を解くためには、きちんとした学習を行わなければ合格することが非常に困難になります。志望大学の傾向や科目比重、そして自分のレベルなどを総合的に考えた上で対策することが大事です。

志望大学の対策をするときに大事なこととは


志望大学の対策をするときには、しっかりと勉強に集中できる時間と空間を見つけることが大事です。どんなに有効な勉強をしたとしても、結局自分がしっかりと勉強できないと意味がないからです。自宅学習では思うように勉強ができないのであれば、自習室が完備されている予備校に通うといいでしょう。予備校であれば静かな環境で集中できるのでおすすめです。また、空調も効いており、さらにわからない箇所があればいつでも質問できる講師もいるので効率的に勉強することができます。
特に現役生の場合であれば、学校外での学習をいかに効率的にするのかが大事です。登下校中に勉強することもできますが、雑音や環境などを考慮するとやはり集中して勉強できる予備校に通った方がいいでしょう。なるべく早い段階で良い環境で勉強できるところを見つけることで、志望大学合格に向けて集中できます。
学校別に対策の方法は異なってくることも忘れてはいけません。理科を重視している学校もあれば、数学を重視している学校もあります。それぞれ配点が異なるので、自分がどこに力を入れるべきなのかを把握しておかないと、無駄に時間を使ってしまうことがあります。対策するときには入試要項にしっかりと目を通して、正確な情報を取得しておきましょう。

次の記事へ

医学部予備校富士学院の指導コースのご案内

  • 現役生 高卒生
  • 個人指導
  • 生徒・講師の1対1の完全マンツーマン指導で生徒の現状、
    目標・目的に合わせ最善の指導を行います
  • 詳しくはこちら
  • 高卒生
  • 富士ゼミ
  • これまで培ってきた入試データや受験ノウハウを最大限活かし、
    年間を通した受験指導で難関の医学部合格を目指します
  • 詳しくはこちら
  • 現役生 高卒生
  • 期間限定特別講習
  • 夏期・冬期講習、推薦入試対策、
    一般入試直前対策など
  • 詳しくはこちら
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です