医学部受験コラム

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京御茶ノ水校 医学部予備校富士学院 東京十条校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 大阪校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
良医への取り組み高校との連携保護者の方へ指導コースのご紹介合格実績

医学部予備校「富士学院」トップページ > コラム > 医学部予備校を検討されている方へ

医学部予備校を検討されている方へ

医学部受験を考えているのであれば


医学部に入学したいと考えている人の中では、医学部予備校への入学を検討されている方も多いでしょう。大学によって難易度に開きはありますが、他学部に比べて高い学力が必要とされ、難関となっています。そのため、医学部受験を考えている人は医学部専門の予備校へ入学し、しっかりとした準備をして受験へと望みたいところです。
しかしながら、どのようなことを基準とすればよいのでしょうか。一口に医学部予備校と言っても、非常にたくさんの予備校がありますので、どこに入学すれば一番良いのかを選ぶのは難しいでしょう。医学部予備校を選ぶ際に最も重視したいのが、かかる学費と、合格実績です。学費は安い方がいいですし、合格実績は高い方が良いという意見が多いです。
ただ、費用や実績以外にも、自分の肌に合うかどうかというのも大切になります。人が学ぶうえで、モチベーションは非常に重要となります。これを維持できなければ、どんなに良い授業であっても身に付きにくく、最悪の場合通うことすらできなくなってしまうかもしれません。自身が率先して通いたい、学びたいと考えられるところを探すことも大事でしょう。

医学部予備校の学費について


医学部に入学するためには、高い学力と受験のノウハウが重要となりますので、医学部予備校に通わずに合格するのはなかなか難しいです。しかしながら、医学部予備校の学費は一般的な予備校よりやや割高なものとなっています。ですが検討する価値は十分にあります。具体的にどのくらいの相場帯なのかを把握しておき、あまりにも高すぎるところや、安すぎるところは何かキャンペーン価格であったり、有名な先生の個別指導であったりといった理由があるかもしれませんので、事前にしっかりと調べておくようにしましょう。
学費は学校や授業内容により違いますが、自分で全ての勉強をするより、定期的にカリキュラムを学べる点は大きなメリットです。また、学費別でも、大手予備校の医学部コース、もしくは医学部専門予備校の特待生コースなどもあります。特別なコースに入学するためには、選考をパスする必要がありますので、そのための学力が現状ない場合、医学部予備校の一般のコースへ入学する必要があります。その際は学費に違いが生じることもありますので、予備校の実績やノウハウなどと、学費の金額を照らし合わせて入学先を決めるとよいでしょう。また、学費をできる限り抑えたいという人は、しっかりとした準備をして、特待生コースの選考をパスできるようにしておく必要があります。
上記の通り、医学部予備校の学費は高額となっていますので選ぶ際は慎重に行う必要があります。中途解約の返金についてですが、一般的に学費の返金は行っていません。裁判を起こして返金となったケースもありますが、裁判自体の労力やコストもかかってしまいますので、入学の際にしっかりとした根拠をもって選ぶことが重要です。

合格実績の見方の注意点


医学部予備校入学の検討や合格実績を確認する際は、注意しておく点がいくつかあります。まず、掲載している合格実績が、どのような結果に基づいて掲載されているのかという点です。私立の医学部の場合、一次の学科試験と、二次の面接、小論文がありますが、一次の合格者の実績を合格実績として掲載しているところも多いため、どの結果なのかをしっかりと確認しましょう。また、補欠合格の対象者も合格者にカウントしていたり、一人で複数の医学部に合格しているケースを人数分カウントしているところもあるため、合格実績だけではなく、進学人数をきちんと確認しましょう。
また、すでに志望校が決まっている場合は、その志望校の合格実績も必ず確認するようにしましょう。他学部の場合、全体の平均的な学力が重要となりますが、医学部の場合は大学によって試験内容の傾向が大きく異なるため、志望校の入試問題にうまく対応できる医学部予備校を選ぶことが重要です。もちろん、学力を図るための模試の結果は重要ですが、入試で一番重要なのは、入学したい学校の問題で合格点を取ることができるかどうかです。志望校の合格実績を見ることで、その学校に対する入試のノウハウを持っているかどうかを知ることができますので、しっかりとチェックするようにしましょう。もちろん、学力の向上というものは、自分が思うようにいかないこともよくあります。志望校の難易度が高すぎた場合、そこばかり見ていると入試直前期にどうしようもなくなってしまいますので、いくつかの難易度に分けて複数志望校を絞っておき、それらの対策ができそうな医学部予備校を選ぶとよいでしょう。医学部予備校の学費と合わせて、妥協点を見つけながら最適な場所を探すことが大切です。
医学部予備校への入学を検討されている方は、上記の点に注意しながら合格実績を見ていくことで、自分が学力を伸ばし、医学部合格へとつながるところを見つけ出すことができるでしょう。

医学部予備校富士学院の指導コースのご案内

  • 現役生 高卒生
  • 個人指導
  • 生徒・講師の1対1の完全マンツーマン指導で生徒の現状、
    目標・目的に合わせ最善の指導を行います
  • 詳しくはこちら
  • 高卒生
  • 富士ゼミ
  • これまで培ってきた入試データや受験ノウハウを最大限活かし、
    年間を通した受験指導で難関の医学部合格を目指します
  • 詳しくはこちら
  • 現役生 高卒生
  • 期間限定特別講習
  • 夏期・冬期講習、推薦入試対策、
    一般入試直前対策など
  • 詳しくはこちら
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です