医学部予備校 富士学院は医学部受験に特化した個別指導を東京・名古屋・岡山・小倉・福岡・鹿児島で行っております。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京御茶ノ水校 医学部予備校富士学院 東京十条校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 大阪校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へはこちら 高卒生の方へはこちら 保護者の方へはこちら 指導コースのご紹介はこちら 合格実績はこちら よくある質問はこちら

医学部に合格するにはどうすればいいのか

医学部予備校「富士学院」トップページ > コラム > 医学部に合格するにはどうすればいいのか

医学部に合格するにはどうすればいいのか

医学部に合格するためには


大学受験の中でも最難関なのが医学部受験です。現役で合格することは非常に困難ですが、実際に医学部志望の場合は、どのようにして学習を進めればいいのでしょうか。まずは、志望校の情報を収集することから始めるといいでしょう。同じ医学部であっても、大学によって受験科目や入試傾向が異なってくるからです。したがって、志望校の入試傾向をきちんと分析して、どの分野を中心的に学習すればいいのかを事前に把握しておけば、非常に効率的に学習を進めることができます。
大手予備校であれば、学校よりもずっと専門的に入試傾向を分析していることが多いのでとても頼りになります。さらに、傾向に見合った対策をしてくれるので、時間がない現役生であっても効率的に合格するための指導をしてくれます。また、予備校であればできるだけ医学部に特化したところの方がより安心して通うことができます。通常の予備校でもいいかもしれませんが、医学部に絞った対策をしているチームがいる予備校の方がより分析の精度が高いのでおすすめです。
長く受験勉強を続けていると時には、モチベーションが低下してしまうことがあります。そんなときに自分を励ましてくれる先生がいたり、一緒に頑張りあえる仲間がいたりすると非常に心強いです。予備校であれば生徒一人一人に対して熱心に指導してくれる講師が多く、さらに周りも医学部志望の学生が多いのでとても刺激になります。良い環境で学習をすることが合格のための秘訣なので、自宅学習に限界を感じているのであれば予備校に通ってみるといいでしょう。

医学部に合格するための予備校選びのポイントとは


医学部に合格するためには、どのような予備校に行けばいいのでしょうか。予備校によって規模も違いますし、知名度も違うので選ぶのが困難に思うことも多いです。基本的には、なるべく適切な学費を提示している予備校にした方がいいでしょう。もちろん人によって学費を高く感じてしまうこともありますが、その分指導内容が適切であれば決して高いものではありません。理想の学習環境や指導内容であれば非常にコストパフォーマンスがいいので、学費だけで選ばないようにしましょう。
実際に予備校を選ぶときには、授業体制は必ず理解しておきましょう。医学部に合格するためには自分に合った授業スタイルで学習することが大事です。自己管理ができるのであれば集団の教室で授業を受けてもいいかもしれませんが、講師の指導を集中的に受けたいのであれば個別指導が断然おすすめです。個別指導であれば、ほぼマンツーマンで指導を受けることができ、さらに集中的に授業を受けることも可能なので合格の可能性が上がります。
また、現役生にも浪人生にも負担の無いコースであることが大事です。浪人生であれば1日中予備校内で学習することができますが、現役生であれば学校が終わってからでないと通うことができません。現役生にとっても負担がなく、かつ濃度の高い授業内容であることが大事です。特に現役生の場合は学習時間も浪人生よりも少ないことが多いので、やはり学習計画や対策などをしっかりと考えないと医学部合格は難しくなります。最近は多くの予備校がホームページを出しているので、事前に内容を見てから予備校選びの参考にしましょう。

医学部に合格するための勉強方法とは


医学部に合格するための勉強方法はどうすればいいのでしょうか。基本的には私立の医学部か国公立に入るかによっても異なってきます。例えば、私立の場合であればセンター試験を受験しなくても良いケースもあるので、そのような学校を志望するのであればセンター試験対策は必要ありません。しかし、その分入試のレベルがかなり高い傾向があるのでしっかりとした対策が必要になります。また、国公立の場合であれば、センター試験の受験をしなければいけないところが多いので、センター試験の対策は必須だと言えます。
センター試験の対策と二次試験の対策は性質が異なるので、それぞれ並行して行う必要があります。単純に二次試験の対策だけをしていても、センター試験の成績によっては足きりにあってしまうことがあるので、どちらもきちんと対策することが大事です。そのためには、どちらの対策もきちんと行ってくれる予備校に通うといいでしょう。
医学部を受験するためには理数系の学科を受験する必要がありますが、受験生は非常にハイレベルなので苦手分野が一つでもあると合格が遠のいてしまうことがあります。全ての科目において満遍なく良い成績を取るためには、なるべく苦手分野を作らずに得意分野を伸ばすようにしましょう。また、面接が課される学校もあるので、面接の対策もきちんとしておきましょう。予備校によっては面接対策もきちんと行ってくれるところもあるので、そのようなところに通えば安心です。入学時に指導内容をチェックしておき、志望校に受かるための指導をしてくれるか確かめておきましょう。

次の記事へ

医学部予備校富士学院の指導コースのご案内

  • 現役生 高卒生
  • 個人指導
  • 生徒・講師の1対1の完全マンツーマン指導で生徒の現状、
    目標・目的に合わせ最善の指導を行います
  • 詳しくはこちら
  • 高卒生
  • 富士ゼミ
  • これまで培ってきた入試データや受験ノウハウを最大限活かし、
    年間を通した受験指導で難関の医学部合格を目指します
  • 詳しくはこちら
  • 現役生 高卒生
  • 期間限定特別講習
  • 夏期・冬期講習、推薦入試対策、
    一般入試直前対策など
  • 詳しくはこちら
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です