医学部予備校 富士学院は医学部受験に特化した個別指導を東京・名古屋・岡山・小倉・福岡・鹿児島で行っております。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京御茶ノ水校 医学部予備校富士学院 東京十条校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 大阪校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へはこちら 高卒生の方へはこちら 保護者の方へはこちら 指導コースのご紹介はこちら 合格実績はこちら よくある質問はこちら

医学部に合格するための予備校の選び方とは?

医学部予備校「富士学院」トップページ > コラム > 医学部に合格するための予備校の選び方とは?

医学部に合格するための予備校の選び方とは?

医学部受験のための予備校の選び方


医学部受験のためには予備校に通うことがお勧めです。予備校に通うことによって、効率的に勉強をすることができるので、合格できる可能性が非常に高くなります。ただ、予備校はたくさんあるのでどのような選び方をすればいいのか迷ってしまうことがあります。例えば自分のレベルに合ったところにすることが重要です。
医学部に合格するためにはかなりの勉強量が必要です。受験科目が多い上に受験者の層もレベルが高いので、完答に近いくらい解くことができないと合格できないことが多いです。また、国立であればセンター試験もあるのでその対策も必要ですし、2次試験でも最近は受験科目が多いので専用の対策が必要です。自主学習は大事ですが、限られた時間の中で最大のパフォーマンスを出すためには自主学習だけでは不安になることがあります。また、医学部であれば面接や小論文が課されることがあるので、そのための対策も必要です。面接や小論文の対策は他の受験科目と違ってただ漫然と勉強すればいいのではなく、きちんとポイントを絞った対策が必要です。学校でもある程度は対策してくれますが、やはり生徒の数が多いだけに一人の生徒だけに時間を割くことができないのが現状です。しかし、予備校であれば一人の生徒に対してかなりの時間を割いてくれる上に、どのようなことに気をつけて対策をすればいいのかや、実際の面接の練習や小論文の対策なども教えてくれます。
学校だけでは完璧な対策ができなくても、予備校に通うことでかなりの対策ができるのでぜひ通ってみましょう。ただ、自分のレベルと合わないようなところに通っても意味がないので、自分の今のレベルに合った授業を受けることができるかどうかが選び方においては大事なことです。

医学部受験のためには予備校選びが大事


どこに通うかによって医学部受験に合格できるかどうかが変わってきます。優良なところであれば合格の可能性を飛躍的にアップできるので、無駄な時間を過ごすことがないように予備校選びに関してはきちんと行いましょう。基本的には、きちんとした合格実績があるところが望ましいです。やはり合格実績があるところであれば、しっかりとした指導がされているということの証なので、ホームページを見るときにはどの程度の実績があるかを確かめるようにしてください。
また、指導方法についても必ず確認する必要があります。自分にとって理想の指導をしてくれるところがベストな予備校だと言えます。医学部受験のためには膨大な勉強量が必要ですが、わからないこともたくさん出てきます。そんなときにどのように指導してくれるのかが大事です。きちんと質問できる環境なのかどうか、どの程度まで指導してくれるのかなど、通う前に確認しておきましょう。
予備校に通うときにはどこにあるのかも大事です。通うためにわざわざ時間をかけるのは身体にも負担がかかりますし、時間も無駄です。もちろん通学時間を有効活用する方法もありますが、基本的には予備校内で学習した方が効率はアップしやすいので、なるべく自宅の近くにあるか通いやすい場所にあることが選び方のポイントです。また、授業内容がどのようになっているのかも大事です。生徒一人一人に対してきめ細やく目を配らせて授業を行っているかどうかや、医学部受験に特化した内容になっているかどうかも重要です。

医学部受験の予備校選びのポイント


立地条件や授業内容なども医学部受験のための予備校の選び方としては大事なことですが、肝心のテキストがどのようなものかも大事です。テキストがただの入試問題の過去問の寄せ集めになっているのでは意味がありませんが、医学部に合格できるための構成になっていることが大事です。例えば英語の長文読解問題では、英文の医学論文が出題されることがありますがそのための対策がきちんと行われているかどうかもチェックしましょう。
他の学部と違って医学部に合格するために特化したテキストは、全国の医学部の試験問題を徹底的に分析して出題傾向を探った上で構成されているので、学校の授業よりもずっと効率的に勉強できますし、そのテキストの内容が理解できれば合格できる可能性を一気にアップできます。多くの予備校では科目別にチームが編成されており、詳細な検討や分析などを行っています。テキストはその集大成なので、テキストの良し悪しがその学校の良し悪しにも直結すると言っても過言ではないでしょう。
医学部受験のための対策は、早ければ早いほど良いです。ただ、初めて通う場合にはどのようなところなのかわからないことが多いので、試しに期間限定の講習があればそこに参加するといいでしょう。夏季や冬季など、多くの予備校は限定の講習を行っているので、それに参加して自分に合ったところかどうかを判断してください。そのときには講師の教え方や話し口調や熱意なども見極めるようにして、そこが自分にとって合うかどうかを確認してください。

次の記事へ

医学部予備校富士学院の指導コースのご案内

  • 現役生 高卒生
  • 個人指導
  • 生徒・講師の1対1の完全マンツーマン指導で生徒の現状、
    目標・目的に合わせ最善の指導を行います
  • 詳しくはこちら
  • 高卒生
  • 富士ゼミ
  • これまで培ってきた入試データや受験ノウハウを最大限活かし、
    年間を通した受験指導で難関の医学部合格を目指します
  • 詳しくはこちら
  • 現役生 高卒生
  • 期間限定特別講習
  • 夏期・冬期講習、推薦入試対策、
    一般入試直前対策など
  • 詳しくはこちら
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です