【合格体験記】生徒の合格の軌跡です。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へ高卒生の方へ保護者の方へ指導コースのご紹介合格実績よくある質問

2018年度合格体験記

金沢医科大学合格

一般

R・F君

富士ゼミ生
本郷高校

“自ら学ぶ姿勢を持つ”ことが合格の秘訣です。

私は三年間の浪人生活を経て金沢医科大学に合格することができました。これから先の長い人生を考えると、たかが三年という人もいますが、されど三年でした。
三年前、私はラグビーに明け暮れた高校を卒業し、浪人生活に突入しました。一浪目は大手予備校に入学し、「まあ、一年浪人したら何とかなるでしょ」的な一浪生によくある甘い見通しを持っていました。しかし、大手の大人数の授業ではついていくことができず、質問をしようにも長蛇の列で質問をすることもなかなかできず、結果的には二浪目に突入することになりました。
一浪目の失敗を糧に二浪目は少人数制の予備校を探し、東京に新たに開校した富士学院の門を叩くことに決めました。その際決意した「分からないところを放置しない」を富士学院の環境ではやり遂げることができました。その環境とは “常に先生がいて質問ができる”こと、少人数クラスのため“授業中にも先生に質問ができる”ことです。その環境のおかげで成績も順調に伸び「今年は合格できる」と自分自身で感じていましたし、先生方からもそう言われたことが気持ちの緩みにつながったのかもしれません。その結果、一校のみ補欠でしたが、最後まで繰り上がることはなく、三浪目を迎えることとなりました。
二浪目と違って三浪目は予備校を替えることは全く考えませんでした。それは自分のことを分かってくれている先生方が常に応援してくれていること、そしてその期待に応えたいという思いによるものだったと思います。とにかく三浪目は気の緩みが出ない様に気を配り、厳しく自分に向き合えたと思います。その結果、複数の一次合格を経て金沢医科大学に入学を決めることができました。
医学部進学を目指している皆さん、ぜひ富士学院を訪ねてみてください。勉強が得意じゃないと思っている人も、その一人ひとりのレベルに合わせて富士学院はサポートしてくれます。ただし、そのためには一つだけ条件があります。それは“自ら学ぶ姿勢を持つ”ということです。それができれば必ず成績は上がり、夢の医学部への扉が開かれます。頑張ってください。応援しています。

過去の合格体験記