【合格体験記】生徒の合格の軌跡です。

医学部予備校富士学院トップ 医学部予備校富士学院 東京校 医学部予備校富士学院 名古屋校 医学部予備校富士学院 岡山校 医学部予備校富士学院 小倉校 医学部予備校富士学院 福岡校 医学部予備校富士学院 鹿児島校
現役生の方へ高卒生の方へ保護者の方へ指導コースのご紹介合格実績よくある質問

2018年度合格体験記

川崎医科大学合格

一般

S・A君

富士ゼミ生
弘学館高校

先生と多くコミュニケーションがとれることは富士学院の最大の強みであると私は考える。

私は、2年間富士学院に通った。2年間を通して、医学部に受かる為に何をすべきかが分かっていたことが3つある。1つ目は、医師になりたいと強く思う事である。私は、2浪目になってようやく、自分は医師になるんだと強い自覚を持って、ストイックに勉強することができた。ストイック且つ効率的に勉強するためには、絶対に揺らがない目標が必要不可欠であると考える。2つ目は、各科目の先生と多くのコミュニケーションをとることだ。私は、悩んだりしたときは、すぐに先生に打ち明けるようにしていた。先生方は大学受験のプロであり、悩んでいる私に、何をすべきか明白に教えてくれた。富士学院は授業が6〜8人程度の少人数制であり、夜の自習時間も毎日誰かしら先生がおられるため、先生と多くコミュニケーションがとれることは富士学院の最大の強みであると私は考える。3つ目は、適度に休むことである。ずっと気を張って勉強しても、余計疲れるだけのように私は感じた。身体の調子が悪いときは焦らずゆっくり休んで万全の状態で勉強に挑む事が一番の近道であると考える。
この文章を見てくれた人が少しでも勉強のきっかけを作ってくれたら幸いである。

過去の合格体験記