【OBドクターからのメッセージ】OB会医師から受験生の皆さんへの応援メッセージです。

医学部予備校富士学院トップ 富士学院東京校 富士学院名古屋校 富士学院岡山校 富士学院小倉校 富士学院福岡校 富士学院鹿児島校
現役生の方へはこちら高卒生の方へはこちら保護者の方へはこちら指導コースのご紹介はこちら合格実績はこちらよくある質問はこちら
医学部予備校「富士学院」トップページOB ドクターからのメッセージ

OBドクターからのメッセージ

 

新古賀病院 消化器外科。富士OB会 石見拓人先生。大検・愛知医科大学卒業

どんな時でも常に変わることなくサポートを続けてくれた富士学院に感謝

中学3年生の頃に個人指導を受けたことが、富士学院との最初の出会いでした。そして浪人2年目の時、本気で医学部に合格したいと思い、再び富士学院にお世話になることにしました。

入学後、先生方には勉強の基本から叩き込んでいただき、質問した際には授業外の時間でも快く答えていただきました。また、勉強以外の面では、世話好きな職員の方々のサポートのおかげで、何事もスムーズに行うことができました。

浪人中は気持ちでも成績にも波があり、モチベーションも変化しますが、先生や職員の方々は、最後まで変わることなくサポートを続けてくれました。医師になった今、変わることなく持続することは大変かつ重要なことだと実感し、冨士学院には今更ながら感謝しています。学院で学んだことは今後に必ず活きてきますから、皆さんも頑張ってください。

福岡徳洲会病院 小児科・新生児科

 

医師を目指す心構えも叩き込んでいただき現在の基礎になっています

富士学院では、同じ目標を共有する仲間と、医学部受験に精通した先生方、気軽に相談できる職員の方々と共に、充実した1年間を過ごす事ができました。辛く、逃げ出したくなる時もありましたが、熱心な先生方のおかげで乗り切る事ができ、今振り返ると、本当に恵まれた環境だったと実感しています。

現在は、産まれたばかりの、手のひらに乗りそうな小さな命の前で、日々悪戦苦闘しながら頑張っています。皆さんが目指す道は決して容易ではありませんし、辛い事の連続ですが、素晴らしい、かけがえのない道です。その道を目指せる事に感謝しながら、「順風よし、逆風さらによし」の精神で、充実した1年間を過ごしてください。

三豊総合病院 内科。富士OB会 井口 俊博。英数学館高校・岡山大学卒業

 

先生や職員のみなさん、仲間がいたからがんばることができたと実感

父親が医者でしたので、内容がある仕事、人に感謝される仕事だと感じ、自分も目指しました。今は救急センターで救急外来の対応に追われ、忙しく過ごしていますが、元気になって退院していく患者さんから「ありがとう」と言ってもらえることにやりがいを感じて、医師になって良かったなと感じています。富士学院での一年は本当によく勉強しました。入学して驚いたのは、すごく一体感があったこと。大手の受験予備校では、周りの人間はみんな敵と言わんばかりのギスギスした雰囲気がだったので、いろいろと相談にも乗っていただき、大きな支えになりました。もし、一人で黙々と勉強していたら、焦りや不安が募って、とても合格は無理だっただろうと思うほどです。

富士学院で過ごした、あの中身の濃い一年は、今でも自分の大きな自信になっています。医学部の面接でよく出される質問で、腕の良い医者、患者の気持ちがわかる医者、どちらになりたいかという意地悪なものがありますが、私はその両方を目指したい。そう思って今、日々仕事に励んでいます。私は富士学院で、自分が後悔することのないよう、恥じることがないようにと頑張りました。一年間だけでも「本当によく頑張った」と自分自身に胸をはれる、誇れる時間があれば、自信もつきますし、それがその後の人生にも生きてくると実感しています。

みなさんも頑張って、そんな一年を過ごしてください。

久留米大学 医学部医学科耳鼻咽喉科 頭頸部外科学講座助教。富士OB会 永田 圭。修学館高校・久留米大学卒業

良きライバルの存在が追いつけ、追い越せといつも自分を奮い立たせてくれた

富士学院生だった頃、勉強だけに集中できる環境だったので、追いこみ時にも先生方がすぐそばにいてくれて、質問や課題などに対応してくださったおかげで最後まで力を伸ばすことができました。寮の部屋には何も置かず、音楽さえも絶っていたので、前の公園でやったキャッチボールは良い気分転換になったと思います。今思えば、良きライバルの存在も頑張る力になっていましたね。

久留米大学では、美術部に所属していました。部活では、団結力があり、上下関係につながりが持てたので、多くの先輩と知り合うことで、様々な科の先生を知ることができ、色々な相談ができました。アドバイスですが、5・6年の実習で、なるべく多くの患者さんを診た方がいいと思います。現在、耳鼻咽喉科におりますが、まだまだこれからの経験が大切で、初めて見る手術に接した時には、今でもやり甲斐を感じます。また、耳鼻咽喉科は喉・鼻・耳と分かれますが、将来自分は耳を専門に診ていきたいと思っています。

医大を目指すのはきついこともあると思いますが、本当に医師になりたいという強い気持ちがあれば乗り越えられます。富士学院での頑張りは精神的にも体力的にも医学部での6年間に必ず役立ちます。

藤田保健衛生大学病院 消化器外科助手。富士OB会 梅木 祐介。熊本高校・藤田保健衛生大学卒業

 

先生や職員のみなさん、仲間がいたからがんばることができたと実感。

循環器内科の研修医を経て、現在は消化器外科の助手をしています。大学生の頃に比べて、いざ現場に出てみると、本では見たことのない治療法があったり、一つの治療を行なうにも、いろんな方の助けがないとできなかったり、勉強より大変なことが多いというのが実感です。帰省時には福岡校へ寄り、学校前の中比恵公園を散歩していると、毎日勉強していたことなどを思い出し、初心に返っています。

当時、自習時間が終わる夜の10時過ぎからその公園でやったサッカーもいい思い出です。そして普段、一生懸命頑張っているからこそ、たまにリフレッシュする楽しさとまた頑張れることを富士学院で教えてもらいました。それは、大学生の時も、想像した以上に精神的・体力的にも大変なドクターとなった現在でも、とても生かされています。また、自分がゼミ生だった時、実際のドクターの声を聞ける機会なんてなかったので、医大を目指す方や医大生、ドクターの方々が連携できるOB会はすごくいいことだと思います。

社会保険田川病院 外科。富士OB会 吉田 武史。宮崎北高校・久留米大学卒業

富士学院での一年がいちばん苦しく、いちばん充実していた時期だった

父が歯科医なので、人に喜ばれる仕事をしたいと思う環境が身近にありました。だから歯科医を目指していたのですが、より人のためになる仕事を、という思いが強くなり、最終的には外科医になることを決意して、富士学院に入学しました。

入学当時の偏差値は38。そのうえ歯科志望でしたので、化学と微分積分は全く勉強していませんでした。医学部合格に対して実力が程遠いことは自分が一番よく分かっていました。だから勉強量だけは負けないようにと、朝9時から夜10時まで富士学院で勉強し、分からない点は授業のその場で質問し、理解するようにしました。数学の問題は10ヶ月間にプリント1500枚。寮に戻って1時間位休んだら明け方4時5時まで勉強。寝ないまま次の日を迎えたことも多くありました。とにかく、がむしゃらにがんばりましたね。 でも、受験が近くなってくると、ものすごい不安が押し寄せてきて、12月頃にはピークに達しました。そんな時に助けられたのは、心底相談にのってくれた先生方と職員の皆さんの存在でした。この、すぐに相談に乗ってもらえる環境が常にあることが富士学院の良い点だったと思います。

結局、最後の模試でもE判定でしたが、最後の最後まであきらめず、久留米大学・北里大学・川崎医科大学の合格を勝ち取りました。 勉強の不安は勉強で乗り越える。不安があってもリズムを崩さず、あきらめずにやりぬく事が必ず結果につながる。医師になった今、振り返っても富士学院での生活がいちばん苦しい時でした。だからこそ、いちばん充実していた。その時の経験は今でも生きているように感じます。受験は本物になるための試練であり、大変な仕事である医師になるための訓練だと今、振り返って思います。最後まであきらめないでください。

富士学院の指導コースのご案内はこちら

富士ゼミはこちら
個人指導はこちら
期間限定特別講習はこちら
まずは、お気軽にご相談下さい。インターネットからのお問い合わせ・資料請求は、24時間・年中無休です