富士学院

ご相談・資料請求はこちら

個人指導

キャッチフレーズ

中学生の方へ

医学部現役合格を目指し、一歩先んじる

苦手科目を作らない!

中学時代に学ぶ各科目の基礎の部分がどれだけきちんと理解出来ているかが高校時代の成績に直結し、将来の医学部受験にも大きな影響を及ぼします。当然ながら苦手科目をつくると今後の勉強にも大きな支障となり、出来る限り苦手科目をつくらない事が必要です。

「思考力」を鍛える

医学部現役合格を目指すのであれば、少しでも早い段階から医学部を意識した学習への取り組みが必要であり、「暗記」型の勉強でなく、どうしてそうなるのか、なぜその公式を使うのかなど「考える」学習に取り組む事が大事です。

学力の向上と現役合格を目指す

苦手科目の克服から学習計画の立て方や自学習のやり方など医学部現役合格を目指した富士学院の個人指導は、その生徒の現状や必要に応じた様々な指導を行う事が出来ます。その他中学3年生で高校受験を目指す生徒には、その志望校に特化した指導も行っています。

高1・高2生の方へ

学校以外での日々の学習環境が合否を決める!

現役合格のチャンスが広がる「推薦入試」

医学部の現役合格を目指す上でひとつのチャンスとなるのが推薦入試です。しかし多くの推薦入試には受験資格の中に評定平均値があり、その評定平均値を超えなければ出願する事が出来ません。評定平均値は多くの大学では高校1年生から3年生の一学期までの成績で決定しますので、推薦入試をお考えの方は、評定を取る為の定期考査の対策をはじめ、普段からの学校生活の過ごし方が大事になります。

医学部独特の入試問題に対応した学習

一般入試を含め実際の医学部入試で出題される入試問題は、医学部独特の思考力を要する問題 が多く出題され、学校の勉強だけでは対策が足りないのも事実です。また医学部入試には小論文や面接試験も課せられますので、その対策も必要となります。

やるべき対策は一人ひとり違う

難関の医学部合格を目指す上においては、生徒毎にやるべき課題や対策は当然一人ひとり 違うものになります。1年間はあっという間に過ぎていく中、合格のためには限られた時間を最大限有効に、そして生徒個々に応じた学習を行う事が必要です。一人ひとりの現状を踏まえ、必要な対策がとれる富士学院の個人指導をぜひご検討下さい。学校の定期考査の対策も含め生徒一人ひとりの様々なご相談にしっかりと対応致します。

受験生の方へ

受験生から毎年高い評価を得ている富士学院の入試直前指導

いよいよ迎える医学部入試

いよいよ推薦入試、そして一般入試が始まります。残り少ない限られた時間の中で今やるべき事は何か!?また足りない所はどこか!?ここからの時間の使い方がまさしく合否を分けます。

出願校の選定と受験スケジュールの組み方

医学部合格のひとつの大きなポイントは、出願大学の選定です。特に国公立医学部においては前期、後期の出願先をどこにするのか、また私立においては入試日程を踏まえて、どこの大学を受験し、どう受験スケジュールを組んでいくのかがとても大事になります。また大学毎に出題の傾向が違う中で、受験する大学の対策がどのくらい具体的に取れたのか、ここも合否の大きなポイントとなります。

富士学院にぜひご相談ください

富士学院はこれまでにもたくさんの受験生を指導する中で、その受験生に今必要な事をきちん と指導し、結果を出してきました。受験生一人ひとりの今やるべき事に富士学院はしっかりと応えます。ぜひ、ご相談ください。

他とは違う富士学院の個人指導

title1

text1

title2

text2

title3

text3

title4

text4

 

冬期講習

対象
中学生、高校生

学校冬休み期間中、学校や塾・予備校などの休みを利用して行う個人指導

冬休みなどを利用して行う個人指導で、生徒一人ひとりの目標や目的に応じた指導を行います。医学部受験においては苦手科目は厳禁です。この機会に出来るだけ苦手科目や苦手単元の克服に努めましょう。また来院して指導を受ける事により、様々な医学部受験の学習環境にも触れる事が出来、受講生自身の大きな刺激や医学部を目指す上でのモチベーションアップにもつながります。

入試直前集中指導

対象
高校3年生,高卒生

医学部受験に向けての“最後の追い込み・確認”限られた時間をどう使うのかが、合否を分けます。

迫る医学部受験に向け、受験生一人ひとりにとって必要な最後の追い込みを図ります。どこに出願をするのか、どういう対策が必要なのかは生徒一人ひとりで全て違います。出題の傾向や配点、合格の判断基準も大学毎で違う中、最新の入試情報を基に、出願校の選定から対策まで、合格に向け出来うる最大の対策を行います。また併せて精神面のフォローなども行い、来たるべき受験に備えます。

受講事例

入試直前指導事例

E・Oさん高校3年生

受講科目:英語・小論文・面接指導

山口大学医学部医学科推薦合格!

山口大学の推薦入試の直前対策として来院。センター試験では得点が伸びず、配点の高い二次の小論文・面接試験での逆転に向け指導を開始。小論文は、1問は日本文、1問は英文での出題となり、特にポイントとなる英文については過去問題を念頭に、医系の内容を中心とした長文を使い、要旨記述・意見陳述・説明記述などを練習し、内容の取捨選択として文字数内での表現力の修得を図る。面接は過去の質問例を参考に、模擬面接の練習を重ね、特に地域枠での受験のため、将来山口県の地域医療の発展に貢献する強い意志があることをしっかり伝えるよう準備。英語が得意であった事や対策がしっかりとれた事で、見事逆転で合格を果たした。

S・Yさん高校3年生

受講科目:英語・数学・化学・物理

埼玉医科大学後期合格!

入試直前に4科目を仕上げるために入寮し、直前指導を受講したS・Yさん。個人指導を受けながら自学習のやり方の指導も受け、受験期間中にも大きく役立ったそうです。一般入試が始まってからも、時間があればよく来校し、最後には見事埼玉医科大学後期に合格しました。

中学生

H・S さん中学3年生

受講科目:英語・数学・理科

  • 将来の医学部進学を考えて、医学部進学に実績にのある有名私立高校へ合格を目指し、中学1年生の時に富士学院へ相談。
  • まず基本である理数系教科を先行して指導することで根幹科目の理解度を深め、その上で理解する喜びや考えることの重要性を認識させながら、受験対策につなげていく指導を開始。
  • 高校受験を前に現在指導を行っている数学・理科については、かなり高いレベルで力がついたものの、ほかの家庭教師で対策を行っていた英語の成績があまり振るわないため、11月からは英語の指導も合わせて行うようになり、現在は英語・数学・理科・の指導を行っている。

I・F君中学2年生

受講科目:
英語・数学・化学・物理・国語・生物(隔週)

中高一貫の進学校に入学後、中1からT予備校と地元の個人塾に通っていたが、成績が全く伸びず、富士学院に相談。一方的に解説を受ける授業や一緒に問題を解くだけの授業が本人には合わないと考え、将来の医学部受験を見据えて、中2から学院での指導を開始。現在は、学校の帰りと日曜日を利用して、まず学校での授業の受け方、ノートのまとめ方、自学習のやり方など基本的なところから指導を開始し、現在取り組み中。

高1・高2生

A・S 君高校2年生

受講科目:数学

  • 高校1年生の時に母親が医学部受験セミナーに参加されたことがきっかけで、現役合格を目指し医学部受験に備えたいと富士学院に入学。
  • 当初は、体力的に続かなかったこともあり部活動を控え、富士学院での指導に専念。その後、学習のリズムも整い、高校2年生の夏からは部活動も再開。現在は学習と部活動の両方に積極的に取り組み、指導日以外も来院し、他科目を含め積極的に質問するなど、自学習にも取り組めるようになる。
  • 高校2年生11月の模試では、数学だけでなく、英語も合わせて向上しており、本人は更にやる気を持って現在も意欲的に学習に取り組んでいる。

S・H君高校2年生

受講科目:数学
高1(61.2)⇒高2(68.5)

医学部受験に向け、期間科目のひとつの数学を伸ばす目的で、高校に進学した1年生の春から来院。まずは高校の授業内容を深め、定期試験に向けての学習計画の立て方から指導をスタート。数学は解法が複数あり、戸惑う事も多かったが、各解法の長所・短所を明確にする中で、次第に問題にとっての使い分けが可能になり、計算力もついてきた。数学の偏差値も同一模試で比較すると1年次の61.2から2年次は68.5まで伸びてきており、現在は医学部入試レベルの問題にも対応できるよう指導中。

※夏休み期間中には英語、小論文の指導も行っています。

受験生

S・S 君高校3年生

受講科目:英語・数学

福岡大学医学部医学科合格!

  • 「現役で医学部に合格したい!」という強い気持ちで高校生活を過ごし、高校2年生までは個人塾で対策をしてきたが、医学部に特化した取り組みに変えなければ合格は厳しいとの危機感を抱き、高校2年生の終わりから目標である推薦入試合格に向けて、富士学院で英語と数学の個人指導を受講することになった。
  • S君の勉強に取り組む姿勢は素晴らしく、英語は語彙力アップを日々目指し、文法の定着、長文読解に取り組み、数学は苦手単元の基礎事項からの確認と、徹底した基礎演習を繰り返す中で自信をつかみ、3年生の8月の模試では、英語は偏差値68、数学は71まで伸ばすことができた。
  • 推薦入試へ向けて、面接の練習を数多く行う中で、「絶対に医師になりたい」との思いが深まり、入試本番でも自分自身の力を全て発揮でき、見事第1志望の福岡大学医学部医学科の推薦入試合格を勝ち取った。

M・Kさん高校3年生

受講科目:英語・数学

藤田保健衛生大学推薦合格!

富士学院から藤田保健衛生大学に合格した姉の影響もあり、高3の春より、まず一番苦手な数学から受講を開始。基本的な公式の作り方や考え方を学ぶことで、着実に力をつけていった。推薦入試を見据えて、夏休みには英語の強化も図り、苦手な数学が仕上がった事もあって見事、推薦入試で第1志望の藤田保健衛生大学(医)に合格した。

合格事例

受講科目:数学・国語

  • 11月の国公立医学部受験セミナーに参加したことがきっかけで、受験校の選定方法、勉強の取り組み方を含め、富士学院に相談。
    苦手としていた国語の個人指導を開始。
    国語以外も質問対応を含め様々なバックアップを行った。
  • センター試験では、比較的得意であった数学で失敗し、センター試験合計得点率86.1%で終わってしまった。
    学院講師の評価から2次試験で十分挽回できると判断し、また大学との相性を含め、本人の希望でもある名古屋大学医学部への前期日程試験の出願を決定。
  • 引き続き、国語とセンター試験で失敗した数学の個人指導を行いつつ、ほかの科目については課題添削や質問対応で、2次試験対策を徹底的に行った。その結果、見事逆転で名古屋大学医学部医学科の合格を果たすことができた。

受講科目:英語・数学・小論文

  • 入学の経緯について
    前年度、富士ゼミに所属していた兄が、推薦入試で福岡大学医学部に合格していたこともあり、お母様より高校2年生の弟も指導してもらいたいとの相談が入った。
    岡山白陵高校で上位クラスに所属しており、国語は得意であるものの数学に苦手意識があった。以前は数学オリンピックにも出場するほど得意な科目であったが高校での授業が進むにつれて次第に自信を失うようになっていた。数学の現状は、小問集合では失点が少ないが、応用力が必要な問題では失点することが多く、その影響でついつい焦りがちになり、他の問題にも影響を及ぼす状態であった。まずは、問題を解く際の方針の立て方から指導してもらいたいという意向であり、学院講師もその必要性を感じていた。
  • 受講科目/対策等について
    高校2年生の冬から苦手な数学の克服のため週1のペースで受講を開始。問題を解く際の方針の立て方が明確になるにつれ、だんだんと数学に自信を持ち始めるとともに、焦ることも次第に減り、高校3年生に進級した頃は成績も安定してきた。夏を迎え、愛媛大学の推薦入試を受験したいということで相談があった。愛媛大学推薦入試での小論文は英文を読み、問いに対して日本語で解答する形式であり、英語には自信があったものの書き進め方の不安を解消するため、小論文の受講を開始することになった。入試前には、小論文の対策だけでなく英文をより正確に読みとるために英語の指導も追加した。小論文と英語の担当講師の連携のもとに作成された対策の問題を数多く解くことにより、安心感を持って本番に挑むことができた。
  • 結果/合格状況
    愛媛大学推薦入試を受験後に迎えたセンター試験。更に自信を持てるようになった英語・国語、そして苦手意識がなくなり、成績が安定した数学を武器にセンター試験も落ち着いて臨むことができた。推薦入試の結果が出るまでの間、学院での個人指導が入っていない日も自発的に来院し、Tくん自身が気になることがあれば講師に質問していたのが印象的だった。決して手を抜かず全力で一般入試を見据えた勉強を進めている中、愛媛大学推薦入試合格が決まった。講師や職員のアドバイスを素直に受け入れ、常に自分自身を高めていこうとする姿勢が合格を勝ち取ることに繋がったのだと思う。Tくんは、これからも自発的に、そして意欲的に医学部での6年間を学び抜き、良医に向ってまっしぐらに突き進んでいくと確信している。

受講科目:推薦対策講座・化学・生物

  • 進学校として有名な中高一貫校に入学後、大手予備校をはじめとして複数の塾に通っていたが、なかなか成績が上がらず、富士学院に相談。
  • 7月から本人の志望校でもある藤田保健衛生大学の推薦入試に向けて、また9月からは一般入試に向けて弱点である理科2科目の指導を開始。
  • 推薦対策講座の中で推薦入試で必要な英文問題を読むスピードと精読力、また数理的問題に対応する考え方などの基礎部分から徹底的に指導し、面接対策も行う中で力をつけ、見事推薦で現役合格をすることができた。

受講科目:推薦対策講座・数学・物理

  • 久留米大学医学部を志望しており、出題傾向と具体的な対策を求め、「久留米大学推薦・一般入試説明会」に参加し相談。
  • 現状を踏まえ、7月中旬からの「久留米大学医学部推薦対策講座」に参加しつつ、講座参加の日曜日に物理の個人指導も受講。
    同講座終了のタイミングで、10月上旬からは数学の個人指導を週4回受講に切り替え、まずは、数列・図形と方程式・ベクトルの克服に徹した。
    得意な英語は、久留米大学の推薦入試に沿った内容の課題を中心に質問しながら受験への準備を進めた。
  • 入試直前まで数多くの類題に挑戦し、「出された問題に対し、今まで説いてきた問題の解法をどのように結び付けていくか」を身につけた。
    得意ではなかった面接の対策も十分に行い、「何としても合格する」という気持ちを持ち続け、念願の合格を勝ち取った。

私は、京都大学の特色入試を受験するにあたって、富士学院の先生方に対策して頂きました。富士学院の模試を受けたときに初めて先生方にお会いしましたが、一人ひとりのことをよく見てくださっているという印象を強く受けたことを覚えています。
普段入試対策の勉強をしていたときには、思うように成績が伸びずに悩んだこともありましたが、自分の理解の不十分なところや苦手な分野を1つずつ解消していくようにしました。何よりも「抜けを埋める」ことが重要だと私は考えています。また、推薦入試に向けて準備をする中で、自分と向き合って考えを相手に伝えるというのは想像以上に大変でしたが、実際に書いてみたり、医学部を目指す仲間と話したりするうちに、頭が整理されたように感じました。普段の勉強も、推薦入試の準備も、「医学部で学んで医師になる」という強い意思があったからこそ諦めずに続けられました。
医学部合格というのは、一見遠く狭い門の向こうにあるように見えますが、強い意思と継続する力、そして周りの支えがあれば必ずたどり着くことができます。医学部入学の切符を手にした私も、初心を忘れずに、今まで以上に努力していきたいと思います。
最後に短い間ではありましたが、丁寧にご指導してくださった富士学院の先生方、そして富士学院と私をつなげてくださった学校の先生に感謝しています。ありがとうございました。

私が富士学院を選んで良かったと思うのは、受験するにあたって心配な点を個別指導形式で対策をしていただいた点です。
具体的には英作文、小論文、面接の3つを教わりました。英作文では、英文の構成の仕方を教えていただき、ちゃんとした英文が書けるようになりました。小論文ではどのような視点で、どのような内容を書けばよいのか、どう構成していけばよいのかを教えて頂きました。また、面接では定番の質問に対して回答を一緒に考えて頂いたり、急に出される抽象的な質問などに対しても対策をしっかりとしていただき、面接当日はほとんど緊張せずに臨むことが出来ました。
また、出願に際しても、教務の方に志望理由などについても何度も添削をしていただき、拙い内容だったものを面接官の目に留まる文章に仕上げていただいたと思います。
おかげ様で志望する私立大学はもちろん、第1志望の国立大学に合格できたのは富士学院のサポートがあったからだと思います。
第1志望である大学で、希望する医師への第一歩をみ出すことが出来たので、これからは学業だけではなく、大好きな体操も両立させながら理想の医師を目指して日々努力していきます。 ありがとうございました。

数学が全くできなかった僕に対して、兄が通っていた富士学院を母に勧められたのが入学のきっかけでした。入学までの僕は学校から出されたハイレベルな問題が解けず、数学から自分を遠ざけていました。しかし、富士学院の授業を通じてオーソドックスな問題をしっかりと解くことの大切さを学び、苦手な数学の突破口を見つけることができました。そして授業中遠慮することなく質問することができるので、毎回疑問を残すことなく終えることができました。
夏頃になると、小論の授業を受けるようになりました。小論の授業は他の塾では中々受けることができません。最初はこの授業で自分は変われるのか半信半疑でした。しかし、文章中での言葉使い、文と文とのつなぎ方など様々なことを改善することができました。富士学院でしっかりと小論と面接を練習できた甲斐もあり、最大の難関である一次を通過することができました。この一次で合格できたことが、その後にあったセンター試験での自信にもつながり、心の支えになったと思います。
富士学院では職員室という概念があまりなく、いつでも生徒が先生に質問などをしていたのが特徴的だと思いました。学校や他の塾ではあまり先生と話しをしたいと思ったことがなかったのですが、富士学院の先生と話をするととても楽しく、受験中で苦しかった僕にとっては良い気分転換でした。
受験にとって一番大切なことは、計画を立てることだと思います。なぜなら計画を考えるとき、自分の今の実力を考えることができ、合格するビジョンを見出すことができるからです。このビジョンがあるかないかは一年間耐えなければならない受験においてとても重要です。自分だけでは難しいときは富士学院の先生と話し合って考えてみて下さい。先生方はいつでも相談に乗ってくれます。

私は志望大学で出題される小論文と面接の対策をするため、母に勧められ富士学院の個別指導を受けることになりました。
小論文の指導をしてくださったN先生は、私の書いた文章を添削するだけでなく、ニュースや新聞の記事に関して意見交換してくださいました。私は元々文章を書くことに苦手意識はあまりありませんでした。しかし、先生の指導のおかげで今まで気にかけていなかった細かな表現を正し、自分の意見をよりはっきりと相手に伝えることのできる文章が書けるようになりました。
また、面接指導ではK先生にお世話になりました。志望動機など面接で頻出される質問はもちろん、その他の受験生の意表を突くような質問に対する対応を実戦形式で教えていただきました。K先生の面接に慣れていたため、本番では特別緊張することもなく、無事に試験を乗り越えることができました。
私を支えてくださったのは直接ご指導いただいたN先生とK先生だけではありません。初めて富士学院に足を踏み入れたとき、丁寧に説明してくださった坂手さん、知り合いもいない中、予備校に通うことに少し不安だった私に優しく声をかけてくださった職員の方々、本当にありがとうございました。

「娘を富士学院に通わせなさい。」祖母からの突然の電話だった。高3になり、理科で圧倒的遅れをとっていた私のことを母が祖母に相談していたらしかった。私の学校で塾に通っていると公言している人は少なかった。理系のくせに理数のできない私は、愚かなプライドを捨てきれず、富士学院に通うことをためらっていた。しぶしぶ説明会に参加した私はその日に入校を決意した。やっとその日に医学部を受験する現実を目の辺りにしたから。・・というのもあるが何より、受付の先生、対応してくださった先生、説明してくださった校舎長。全ての先生の丁寧さと温かさに、感動すら覚えたからであった。何も、塾に通うことを恥じる必要はない。腹をくくってそれから毎週、推薦対策講座や物化数の授業を受講しに行った。

私が「すごい」と最も感じた点の1つ。それは『怒らない』ことである。どんな時も、私の状況を配慮してくださり、どんなに悪い成績をだしても「諦める」ではなく、「大丈夫。がんばれ」を声をかけてくださった。推薦対策を受講する中で、ゼミ生の先輩方と話す機会も増えた。学校には蹴落としてやろうとする人が少なからずいたのだが、富士学院の先輩方には1人もそんな人はいなかった。推薦入試当日も、「大丈夫。一緒にがんばろう。」と優しく声をかけてくださるほどだった。富士学院という大きく温かい存在なくして、E判定からの現役合格という夢はかなわなかっただろう。今、富士学院の門をたたくことをためらっている方がいるのなら、迷わずにまずは一歩踏み出してみてほしい。ここでは、勉強だけではなく共に同じ夢を目指す仲間と出会える。そして本当に心から応援し支えてくださる先生方に出会える。こんなにすばらしい予備校はきっとここだけだ。 最後に私のわがままをいつも聞き入れてくださった富士学院の先生方、怒涛の半年間、本当に本当に感謝しています。ありがとうございました。

私が富士学院に入学したのは高校一年生の夏休みでした。きっかけは、私の姉と兄が高校生の時に富士学院にお世話になっており、富士学院の先生方は非常に熱心で優しいという話を聞いたことでした。実際、入学してみると話で聞いた通り先生方は私に熱心に優しく教えて下さいました。

私は、中学生のときは全く勉強していなかったため高校一年生のときは偏差値55ぐらいで、英語は偏差値35ぐらいしかありませんでした。しかし、どうしても医学部に進学したかったためとにかく勉強しました。富士学院の先生方は私が本当に基礎の基礎の質問をしても丁寧に教えてくれました。そして、少し問題が解けると褒めて下さり、それが私のやる気につながりました。私は富士学院では長期休みに自分の苦手分野をつぶすことを中心に授業をしてもらいました。個人授業だったので完全に私に合わせた授業をしてもらうことが出来ました。

そのおかげもあり、だんだんと成績が伸びてきて、対外模試でも私立医学部B判定が出るようになりました。途中で成績が伸びなくなったり、成績が落ちたりし、不安でいっぱいになることもありましたが、一晩泣いて次の日には切り替えて勉強しました。しかし、入試一ヶ月前ぐらいになると自信がなくなり不安で押しつぶされそうになりました。その時、一番自信につながったのが富士学院での第一志望である愛知医科大学の入試のための対策授業でした。学校では個人の志望大学に合わせた授業をするのは難しいため富士学院での対策授業は非常に役立ちました。富士学院の先生方は私立医学部の入試傾向についてとても詳しく、医進系の富士学院だからこその対策授業をしてもらうことが出来ました。

私が第一志望である愛知医科大学医学部に現役で合格することが出来たのは富士学院の先生方のおかげです。本当にありがとうございました。

私は幼少期に大きな手術を受けた経験があり、自分も小児科医になって病気に苦しむ子供たちを一人でも多く救っていきたいと考え、医学部を目指して勉強してきました。高校3年生の現役時は、苦手科目に時間がかかりすぎ、学習バランスが悪かったため、合格することができませんでした。1浪目は大手予備校の医学部受験専門コースに入り、合格を目指しました。ところが入学してみると、現役の時と同様にどうしても苦手科目に時間がかかりすぎてしまったことやメンタルが弱く、模試などで一喜一憂してしまうという自分の問題と、同じコースには多浪生が多かったため、勉強に集中していない人も周りにいたため、集中したり、切磋琢磨できる環境ではなかったこともあり、成績はやや上がったものの、本番のセンター試験では、苦手科目を中心に失敗してしまいました。
2浪目はこれではいけないと考え、学習の環境面を考慮し、別の大手予備校のトップクラスに入学しました。今年が最後の受験と決意して、スタートから懸命に取り組んでいたものの、苦手科目である物理と化学の克服と全体のバランスがとれた学習というテーマはなかなか解決できずにいました。さらにセンターレベルなら力はついてきたと感じていましたが、医学部を目指すうえで全教科的にさらに記述力をつけないといけないという焦りもあり、自分の勉強がバラバラになっていました。私のそのような姿を見て、母が以前、友人から良いうわさを聞いていた富士学院に相談しに行こうと紹介してくれました。
5月中旬に初めて相談した時に、私自身の受験までの学習プランや全体のバランスを見た学習計画を丁寧に説明してくださり、いかに自分自身受験戦略なしで学習していたかに気付かされました。そこで大手予備校に通いながら、苦手科目で伸びていなかった物理と化学の個人指導で授業していただくことにしました。
実際の指導では自分自身がどこからわかっていなかったのかをしっかり見抜いてくださり、単なる公式の暗記ではなく、なぜそうなるのかという考え方から指導してくれました。また無意識のうちに苦手を隠そうとして、ごまかしていた部分もしっかり向き合うように指摘されたり、どういう風に勉強すべきなのかを教えて下さったおかげで、物理、化学も秋にはかなり良い成績を出せるようになり、また勉強のバランスが良くなっているのが実感できました。あわせて個人指導していない教科についても質問させて頂いたり、学習相談をしていただいたりと安心感を持って勉強に取り組むことができ、秋以降は大手予備校にいる時間よりも富士学院にいる時間の方が長いくらいになりました。
受験期前にはどこを受けていくかなど受験プランも指導していただき、しっかりと準備をして受験に向かうことができました。面接練習も出来るようになるまで指導してくださり、メンタルが弱かった私に自信をつけさせてくれて、それぞれの受験に向かうことができました。そのおかげで受験では、地元の藤田保健衛生大学と愛知医科大学の両方に正規合格することができました。私自身努力をしているつもりでしたが、バラバラというか後手後手になってしまっていたり、自分自身をしっかり分析できていなかったこともありましたが、厳しくも優しく、私自身に合わせて指導していただいたおかげで合格することができました。1年目から富士学院を知っていれば・・・と思うことはありますが、勉強面はもちろんのこと、医療に携わる者としての覚悟もしっかりさせていただき、本当に感謝しています。

私は東京の大手予備校に通っていましたが、成績が思うように伸びずに焦っていました。そんな時、富士学院の存在を知り、思い切って夏から富士学院の個別指導を受けることに決めました。富士学院で学ぶ以前は、医学部を受験する自分に自信が持てませんでした。できない部分をごまかしながら勉強してきた私に気付いて先生たちも呆れてしまうのではないかと思っていました。しかし、富士学院に通い始めてから大きく変わりました。私の模試の成績は決して良いものではなかったのに、それを見て、今からでもここでしっかり勉強すれば十分合格の可能性はありますと言ってもらったのです。そして私の学力に応じて必要なところは基礎の基礎から真剣に、丁寧に教えて下さる先生方に応えようと、学んだことは全部吸収するつもりで勉強できました。また、解くことが出来るようになった問題が増えていることが実感でき、大きな自信になりました。結果、無事に大学に合格できましたが、あの時に富士学院に通っていなかったら今頃どうだったかを考えるのが怖いくらいに、富士学院を選んで本当に良かったと思っています。
ご指導下さった富士学院の方々、本当にありがとうございました。

校舎へ通える方へ

詳しく読む...

  • 富士学院は日曜日を除き毎日夜22:00まで(日曜日のみ夕方18:00まで)指導を行っていますので、学校帰りや部活帰りにいつでも指導を受ける事が出来ます。
  • 授業が無い日でも来院して自学習を行う事が出来、空いている講師には質問も可能です。
  • ご希望により学院食堂もご利用出来ますので、食事の心配は一切いりません。
  • その他学習相談や進路相談など様々な相談にも対応しています。
  • 受験生は受験する大学の最寄りの校舎を利用出来、自学習や空いている講師への質問も可能です。

遠方の方へ

詳しく読む...

  • 各校舎最寄りの提携ホテルに宿泊することが可能です。受講期間に合わせて特別料金でご利用頂けます。宿泊手続きは学院がすべて行いますのでご安心ください。
  • 集中指導受講期間中は、朝から夜の閉館まで学院で勉強する事が出来、終日自習室も利用する事が出来ます。また空いている講師には質問も可能です。
  • ご希望により学院食堂もご利用出来ますので、食事の心配は一切いりません。
  • その他学習相談や進路相談など様々な相談にも対応しています。
  • 受験生は受験する大学の最寄りの校舎を利用出来、自学習や空いている講師への質問も可能です。

受講開始までの流れ

詳しく読む...

STEP1

ホームページまたはお電話にて資料請求、お問い合わせください。ご希望の方には担当職員が詳細をご説明いたします。

STEP2

生徒と保護者の方に富士学院を見学していただくか、こちらから担当職員がお伺いし、お問い合わせ内容に基づいた面談を行います。
その際、生徒ご自身のプロフィール(学校名、現状の学習状況)、受講希望科目などについてお聞かせください。(内容につきましては秘密厳守いたします)

STEP3

ケースにより、本人の学習状況を詳しく把握するための学習チェックテストを受けていただく場合があります。

STEP4

学習テストの結果やご相談いただいた内容を具体的に検討した上で、必要に応じた指導科目や授業コマ数及び期間などについてご提案をいたします。

STEP5

学院からの提案内容をご相談、ご検討をいただき、了承を得た上で入学願書他個人指導受講規約書等の手続きをお願いいたします。
また同時に指導科目、指導目的、生徒の成績状況などを基に、講師の選定を進めていきます。

STEP6

指導の時間割や担当する講師が決定した段階で、指導開始となります。初回授業の前に学院内の施設案内と、担当講師・教務担当を交えた全員で今回の指導の目的、目標の共有を図るためのオリエンテーションを行い、授業を開始します。

STEP7

指導期間中も授業の進捗状況などを担当講師・教務担当を交え細かく確認しながら、指導を進めていきます。

STEP8

指導終了後、指導科目毎の授業報告書をお届けいたします。報告書では受講の状況、授業内容や理解度、今後の指導方針など進捗状況を含め保護者の方に詳しくご報告いたします。また、何かご不安な点やご質問などがありましたら、いつでもご相談ができますので、ご安心して指導をおまかせください。

よくある質問

  • Q
  • 指導する講師の先生はどのような方ですか?
  • A
  • 医学部受験に精通した経験豊富なプロの講師が、責任を持って指導します。指導経験が少ない学生アルバイトは特例を除き、原則として採用していません。生徒一人ひとりの状況を把握し、生徒の学力を上げる為、目標を叶える為にはどうしたらよいかを生徒目線でしっかり考え、指導出来る講師陣です。
  • Q
  • 経験豊富なプロの講師とありますが、採用基準はありますか?
  • A
  • 富士学院講師の採用は業界トップクラスの厳しい選考基準を設けています。応募資格は受験指導経験者のみで、選考方法は「書類選考」・「筆記試験」・「模擬授業」・「面接試験」の4段階あり、すべての条件をクリアし生徒目線で考えることができ、教育者としての人間力溢れる講師のみが在籍しています。さらに一人の講師に指導を丸投げせず、講師・職員間の細かなチームとしての連携を含め、日々責任を持って指導を行っています。また、学院職員の採用には適性検査の他、2段階の面接試験があります。いずれも高いスキルと教育者としての自覚と覚悟が必要であり、学院理念を理解し、生徒目線で共に成長できる事が採用条件となります。
  • Q
  • 講師の先生と相性が合うか心配なのですが…
  • A
  • まずは教務・学務が生徒と面談をし、性格面や学力の現状を把握した上で講師の選定を行いますのでご安心ください。但し、指導を進める中で、稀に相性が合わない場合もあるかと思います。その場合は、講師交代を含めてベストな選択が出来る様、しっかり対応します。
  • Q
  • 講師との相性が合わない場合、代えて頂くことはできますか?
  • A
  • 授業をスタートする前に生徒に合わせて講師を選択し、オリエンテーションを行った後に授業がスタートしますので、相性が合わないケースは少ないですが、どうしても合わない場合は、指導途中でも講師の交代を出来るだけ速やかに行います。また、その場合は講師間で引き継ぎをきちんと行いますのでご安心ください。
  • Q
  • 教務担当・学務担当とはどのようなものでしょうか。
  • A
  • 教務担当は主に生徒の生活面やメンタル面の支えとなり、日常的に関わっていきます。
    学務担当は生徒をお預かりする際に、まず最初に保護者・生徒にお会いし、現在の状況・志望校などの確認を含めた相談窓口として対応します。

    富士学院では、お預かりした生徒一人ひとりに対して真剣に向き合い、責任を明確に持った講師・職員が幾重にも重なり関わって行く応援体制で、しっかり対応します。
  • Q
  • 個人指導の授業時間は何分ですか?また受講期間などの制限はありますか?
  • A
  • 受講にあたり最低限の受講コマ数や受講期間は設けておりません。授業時間は平日・土曜・祝日は9:00~22:00、日曜日は9:00~18:00の間で1コマ70分、100分授業から選択・調整いただけます。 ご希望に合わせて「1コマだけ」、「1科目だけ」、「1日だけ」の受講も可能です。曜日や時間帯についても、ご希望を承った上で日時調整をしております。たとえばご希望の受講科目を「毎週同じ曜日・時間で週1コマ」受講しているケースも多いです。また夏休み・冬休み期間中であれば希望科目を上記時間帯で「1日/1科目/3コマ」など、生徒毎の状況に合わせて柔軟に対応できます。
  • Q
  • 短期間の受講にメリットはありますか?
  • A
  • 短期間での受講であれば、苦手分野の克服、学校の定期試験対策、大学を絞った受験直前対策や、第三者の目が必要になる英作文や小論文の添削指導などを限られた期間や日程の中でも受講できるメリットがあります。また継続的な指導スケジュールの大きな特徴としては、到達すべき目標に対して適切なカリキュラムを担任講師と計画・改善・相談できるメリットがあります。どのような受講形態が最善となるかについては、ご本人の現状や目標によって異なりますので、まずは学院までお気軽にご相談ください。
  • Q
  • 合格実績について教えてください
  • A
  • 富士学院では、開校22年の実績として、これまでに延べ1,319名を医学部医学科に送り出してきました。平成29年度の合格実績では延べ207名の医学部合格者を輩出しています。内、私立医学部医学科合格者は 190名(前年比126%)で、開校1年目となった東京校では選抜試験なしで私立医学部医学科専願者実数15名中9名が正規合格(合格率60%、一次合格者13名、一次合格率86%)、圧倒的ともいえる実績を打ち出すことができました。選抜制をとらずに医師になりたいと願う生徒を分け隔てなく受け入れてきた中で、確実に力をつけ、合格実績を伸ばしてきました。中には偏差値30台から医学部に合格した生徒、国公立医学部に一年で行きたいと大手予備校の特待を蹴って富士学院に入学し、見事一年で国公立合格を果たした生徒など、富士学院ならではの嬉しい結果がたくさん生まれています。
  • Q
  • 国公立医学部の合格実績について教えてください。
  • A
  • 平成29年度合格実績では国公立医学部医学科専願者20名中17名合格(合格率85%)、平成28年度合格実績では専願者12名中10名合格(合格率83.3%)、平成26・27年度ではそれぞれ8名が合格を果たしました。まだまだ国公立医学部医学科の受講が少ない中、平成25年度の合格実績では4名中3名が合格を果たし、平成29年度、28年度は、国公立医学部医学科専願者に対して、共に80%を超える合格率を誇っています。受講者が少ない分、合格者は少ないですが、この合格率は私共の誇りであり、今後は更に国公立医学部にも力を入れ、受講生を増やしていきたいと思っています。
    富士学院の合格実績について
  • Q
  • 個人指導のカリキュラムとコース、料金体系はどうなりますか?
  • A
  • コースには年間を通じていつからでもスタートできる個人指導と夏・冬・直前期の期間限定特別講習があります。期間、科目、回数等については各生徒の状況や学校のスケジュールに合わせて時間割を組みます。各校舎毎のプロの講師が生徒一人ひとりの目的や理解度に合わせてきめ細かく指導し、学力向上を図ります。また受講科目も1教科から全教科まで、受講期間もそれぞれ自由に選べますので、教科別弱点補強や、志望校別の傾向対策など、個人に合わせた学習プランでカリキュラムを作成できます。そのため事前に生徒の学力や現状を把握する為に、職員が面談を行い、状況に合わせて受講科目や授業数をご提案いたします。料金につきましては受講科目や期間によっても違いますので、まずは最寄りの校舎にご相談ください。
  • Q
  • カリキュラムやコースの変更は可能ですか?
  • A
  • 可能です。たとえば必要に応じて英語だけの授業から数学を追加したり、授業回数を増やすなど、状況に応じて細かく対応できますので、ご相談ください。
  • Q
  • 授業の進捗状況は教えて頂けるのでしょうか?
  • A
  • はい、指導科目毎に授業報告書をご自宅に送付いたします。各科目担当講師が生徒の出席状況、授業の集中度、課題の提出頻度、授業の理解度、テストの成績、そして来月の指導方針、今後の課題等について記載した報告書となります。
  • Q
  • 勉強について、進路について色々な相談はできますか?
  • A
  • はい、いつでも相談可能です。指導している講師以外に教務担当、学務担当者がいつでも相談に乗ります。また、進路については学院が持っているノウハウも含めたアドバイスを細かく行いますのでご相談ください。
  • Q
  • 現在他予備校に通っていますが、途中から入学することは可能ですか?
  • A
  • はい。富士ゼミは併願コースの後期授業(8月下旬)から可能で、個人指導であれば年間を通していつでも可能です。多人数の一方的なクラス授業では得意な科目は問題ありませんが、少し苦手としている科目は質問もしにくいため、なかなか学力が伸びません。そこを個人指導で補う事は力をつけるための一番の早道です。その他、受験に関してや、勉強に対する相談はいつでも受付けておりますので、お気軽にご相談してください。
  • Q
  • 問い合わせをした場合、強引な営業や勧誘などはありませんか?
  • A
  • そのような行為は一切ありませんのでご安心ください。どこの予備校・塾に行くかは保護者にとって、ご本人にとって、とても大事な選択となります。その選択肢の一つとして、富士学院をしっかり理解して頂く為にも資料を見てもらったり、説明を聞いてもらいたいと思っています。そして最終的にはご本人と保護者の方が判断されるべきだと考えます。ぜひ、ご自身の目で実際の富士学院を見てご判断ください。