気持ちを新たに。集い始めた新年度生たち

教務課の島田です。
 
今年の入試も後期試験を残すのみとなりました。
生徒たちは合格を勝ち取るべく最後の最後まで努力を続けています。
各教科の講師も質問対応等に入り、最後の仕上げを行っています。
 
そんな中、気持ちを新たに来年の入試に向けスタートを切った新規生が東京校に集い始めています。
講師・職員との面談を通して、今年の入試結果を振り返り、自分の現状を把握した上で、これからどのようにしていけばいいか共に考え、医師になるという自覚と覚悟を強めます。こうして強くなった思いを胸にプレ春期講習の英語・数学に臨んでいます。
 
英語の授業では、「医学部に合格するためだけではなく医師になるために勉強する」という意識が大切なんだと先生からお話があり、さらに気持ちを高めることができました。緊張感のある中で授業が行われ、授業後には、個別に添削指導を実施することで、個々の現状把握とともに弱点の克服に努めています。
 
数学の授業は演習、解説形式で行われ、基本の確認から入試レベルまで幅広く扱っています。特に現役生が弱点としている分野の再点検をしていきます。
 
英語・数学共に生徒たちは授業後に積極的に質問しており、効果的な学習ができているようです。
 
 新年度へ向かい、今後への不安を胸に東京校の門をたたいた生徒たちが、
面談、授業を通して表情が明るくなり、意欲的に学習に取り組むようになりました。
医学部合格の先にある「医師になる」という目標に向かって前進しています。
 
個別面談、プレ春期のお申し込みは随時受け付けています。
気持ちを新たに、富士学院でいっしょに覚悟を決め医師になるための前進をしていきましょう。

【東京校イベント】
~3/2(金)昭和大学医学部医学科Ⅱ期直前対策講座
学院見学・個別面談