残り時間を確認し、適度な緊張感を維持しよう。

こんにちは。小倉校の隅川です。

新年度が始まり、2ヶ月が経過しました。新しい環境に慣れてしまい緊張感を保てなくなってくる時期です。過度な緊張は勉強の効率を落としてしまいますが、ある程度の緊張感を持って過ごしていかなければ、生活サイクルを崩しかねません。そこで、入試日程までの残り日数を確認し、今一度、自分の置かれている状況を確認し、適度な緊張感を取り戻してはいかがでしょうか。

ご存知の通り、AO、推薦入試においてはほとんどの国公立、私立とも出願時期、試験日が11月に集中しています。その日程から逆算して考えると、早い人で残り半年ほどで入試となります。翌月12月には私立大学の出願もスタートします。また、多くの高校、予備校では全国規模の模試が開催されています。この模試の結果から、自身の課題をどのくらいの時間で克服していくかを考えると、自然と緊張感を持つことができるのではないでしょうか。
自身の課題と、入試までの残り時間を自分ひとりで考えてしまうと、過剰に緊張してしまい不安になってしまいます。反対に、模試やテストの結果と真摯に向き合うことができず、適度な緊張感を醸成することが難しいこともあります。小倉校では面接指導や面談を通して、本人の状態やテスト結果、志望校までの残り日数などを確認し、個人ごとに対応しています。

小倉校では医学部受験に関する相談を随時受け付けております。成績が伸び悩んでいる、苦手科目を克服したいなど勉強や学習方法についてお悩みの方も、お気軽にご相談ください。また推薦入試を検討されている方向けに、6月24日(日)13:00より、福岡大学入学センターの医学部入試担当者を御招きし、福岡大学医学部推薦入試説明会を行います。また翌週の7月1日(日)には久留米大学副学長・医学部学生委員長の山木教授を御招きし、久留米大学医学部の推薦入試説明会中四国方面へお住い、または通学されている方には7月15日(日)13:00より川崎医科大学特別推薦合格セミナーを開催します。詳細を以下に掲載しておりますので、是非ご覧下さい。

【小倉校医学部受験イベント情報】

6月24日(日)福岡大学医学部推薦入試説明会

7月1日(日)久留米大学医学部推薦入試説明会及び医学部教授による特別講義

7月15日(日)川崎医科大学特別推薦合格セミナー

7月16日(祝)医学部合格を目指すための実力模試・解説授業