最後の最後まで!試験を終えるごとに受験力を高め合う日々

こんにちは。小倉校教務課の坂本です。

寒波が到来し寒い日が続いています。
日中の最高気温もなかなか上がり切らずに雪もちらつき、インフルエンザも猛威を振るっています。
皆様、予防対策をしっかりと取ってお体にお気をつけ下さい。

私立医学部一般入試は、日本大学(A方式)、産業医科大学、慶應義塾大学と後期・Ⅱ期を実施する大学のみとなりましたが、受験生達はまだまだ頑張っています。
合格を早々に勝ち取った生徒、最終合格を目指し二次試験に臨む生徒、私立後期試験・国公立二次試験に向けて全力で取り組んでいる生徒、それぞれ様々な環境ではありますが、各大学の受験終了後には、その日の試験の状況を生徒同士で確認し合い、どこが出来て、どこが出来なかったのか、校舎へ戻る途中に声を掛け合いながら、そして、校舎に戻ってからも、各科目の先生方と総括を行い、叱咤激励を受けながら、試験を終えるごとに受験力を高め合っています。

まだ満足のいく結果の出ていない生徒は、現在、埼玉医科大学の後期対策講座を受講しています。
募集人数が43名と、後期試験の定員では最も多い入試となります。
これまでに積み上げて来た受験力を思う存分に発揮し、合格を一人でも多く勝ち取って欲しいと心から願っています。

受験は、最後まで気持ちを強く持ち続け、これまで努力し続けてきた自分自身を信じて戦っていかなければなりません。富士学院で一緒に頑張って切磋琢磨してきた仲間達は、お互いが本当に、かけがえのない存在になっていると、この時期になりますます強く感じます。
最後の最後まで、絶対に医師になるという想いを強く持ち、覚悟を決めて頑張り抜いて欲しいです。
そして、講師、職員も一丸となり、生徒一人ひとりと向き合って全力でサポートを行っていきます。残された日々を一緒に頑張っていこう!

【小倉校 今後のイベント一覧】

2/12(月)〜2/15(木) 金沢医科大学後期直前対策講座

2/19(月)〜2/23(金) 近畿大学医学部医学科後期直前対策講座