『いざ、後期試験』

小倉校教務課の坂本です。

光陰矢のごとし、私立医学部入試も後期試験を残すのみとなりました。
学院では医学部後期対策授業を実施し、後期試験を受験する生徒が一人でもいれば、最後の最後まで対策授業を実施し、生徒を送り出します。生徒たちも最後まで諦めない強い気持ちで日々勉強に取り組んでいます。

そのような中で、早速新たな気持ちで来年度 “医学部合格” を目指す生徒たちが入学してきました。春期講習の前、プレ春期の期間ですが、もうすでに入寮して、先生方から添削問題をもらい、我先にと提出しています。講師・職員一同、再度気を引き締め、生徒たちの想いに応えるため、一丸となってサポートしていきます。

医学部合格には学習環境がとても大事になってきます。
小倉校には内寮があり、寮・教室・食堂が同じ建物の中にあります。一番のメリットは、勉強する時間が増え、規則正しい生活を送ることができることです。そして、その学習環境を最大限に活かすことができた多くの生徒たちが結果を出しています。

『思いは叶う!絶対叶う!!』
富士学院は、これからも医学部を目指す生徒たちを全力でサポートし、卒業したあともその絆を大切にしていきます。