お電話からのお申込みはこちら
名古屋校:0120-9816-33
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


2018年度
愛知医科大学
20名の合格実績!
内、公募制推薦入試の定員25名中10名合格。
富士学院生の推薦合格者占有率が
なんと4割の圧倒的実績!

1浪生まで出願が可能
愛知医科大学医学部の推薦入試。
これにより2年続けて受験者数が増加しています。
更に本年度から
募集定員が25名から20名と減少するため、
今まで以上に入試傾向に合わせた
緻密な対策が必要です。

2017年度から愛知医科大学推薦入試では、現役生にプラスして1浪生までが出願可能となり、
ここ2年連続して受験生も大幅に増加しました。
その影響で基礎学力試験の英語、数学の合格最低点はこれまで以上に上がってきていると思われます。
推薦対策講座では、これまで蓄積されたデータや多くの生徒を合格に導いてきたノウハウをもとに、
合格に直結する学科試験の傾向と対策、面接までしっかりと対応し、
受講者個々の克服するべき点を明確にして本番に備えます。


2019年度の
推薦入試
変更点


(公募制)推薦入試の定員削減

・昨年度まで約25名→約20名


富士学院は
ココが違う!

ポイント 1
昨年度 愛知医科大学推薦入試合格者占有率4割!定員25名中10名が富士学院指導生!
ポイント 2
多くの愛知医科大学医学部推薦合格者を輩出してきた精鋭のプロ講師陣が徹底対策!
ポイント 3
対策が取りにくい面接対策についても、
本番さながらの環境で何が求められているのか、何が必要なのかを詳しく解説!
お電話からのお申込みはこちら
名古屋校:0120-9816-33
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


要 項

日時

9月9日(日)8:40~ 開場8:10
9月16日(日)8:40~ 開場8:10
両日共通内容(※いずれか1日の参加となります)

会場

富士学院 名古屋校

定員

両日各20名

参加費

小論文・面接対策込10,800円(税込・昼食付)

対象

2019年度
愛知医科大学推薦入試受験生


プログラム

8:10 開場
8:40〜 愛知医科大学推薦入試の概要
9:00〜 小論文プレテスト
10:30〜 数学プレテスト
11:40〜 英語プレテスト
12:40〜 昼休憩
13:30〜 数学解説
14:50〜 小論文解説
16:10〜 英語解説
17:20〜終了まで 面接対策指導

医学部受験のプロ講師陣が解説!

本番と同じ緊張感で模擬面接指導


出願資格


公募制 推薦入学

現役生・1浪生(全日制普通科又は理数科)で、
評定平均値が全体3.7以上かつ英語・数学・理科3.7以上があり、高等学校長の推薦が必要。
また、本人及び保護者が入学できることを確約出来る者。


推薦入試結果[公募推薦]
(過去3年間)

年度 募集人員 志願者数 受験者数 合格者数 倍率
平成30年度 25名 156名 155名 25名 6.2倍
平成29年度 25名 129名 122名 25名 4.9倍
平成28年度 25名 83名 82名 25名 3.3倍


愛知県地域特別枠入学(A方式)

現役生・1浪生(全日制普通科又は理数科)で、
評定平均値が全体3.7以上かつ英語・数学・理科3.7以上があり、高等学校長の推薦が必要。
また、本人及び保護者が入学できることを確約出来る者。
愛知県及び大学が設定する修学資金を受給し、医師免許取得後、本学で初期研修及び後期研修の5年間勤務し、
その後愛知県が指定する公的医療機関において5年間地域医療に従事することを確約できる者。
出願時において本人又は保護者が愛知県内に居住する者。


推薦入試結果[地域特別枠A方式]

年度 募集人員 志願者数 受験者数 合格者数 倍率
平成30年度 約5名 15名 15名 5名 3.0倍
平成29年度 約5名 16名 16名 3名 5.3倍

2018年度推薦入試に見事現役合格!
個人指導生の喜びの声を一部ご紹介

2018年度 愛知医科大学合格(推薦)
T・Hさん
個人指導生 南山高校
先生や教務の方々が推薦入試を熟知されていて、いつでも相談や質問できる環境があることで安心して受験を迎えることができたと思います。

富士学院を知ったのは、富士学院で6月に行われた愛知医科大学の推薦入試説明会に母が参加したことがきっかけでした。母から説明会での話を聞き、まず愛知医科大学への興味を持ち、オープンキャンパスに参加しました。参加したことで、より『愛知医科大学に行きたい』という決意が固まり、推薦入試を受験することになりました。そこで推薦入試に対する実績が高く、情報が豊富な富士学院ならしっかりと対策してもらえると考え、入学し、8月から試験科目である英語と数学の授業を行いました。英語は愛知医科大学の傾向に沿って、まず重要な文法・イディオム・語彙を自分のレベルに合わせて、徹底的に繰り返し理解するまで、先生が付き合ってくれました。数学は最初のオリエンテーションで苦手なところをしっかりと伝え、自分の苦手と入試の頻出単元から授業を行ってくれました。授業以外でも対策プリントや問題集を使って、納得いくまで質問に付き合ってくれ、日に日に自信がついていくのがわかりました。さらに入学時から勉強だけでなく、推薦入試に向けた面接の対策を、できるようになるまで何度も行ってくれたおかげで、「絶対に合格したい」という意識が高まっていきました。時には落ち込むこともありましたが、いつでも富士学院の先生方、教務の方が明るく、温かく迎えてくれ、最後まで勉強に集中し、受験を迎えました。おかげで入試本番も緊張せず、リラックスして臨むことができ、合格することができました。富士学院の良さは、何と言っても塾内の雰囲気がよく、先生方や教務の方々がとても明るく温かいところです。そのため富士学院で勉強していると、絶対合格したいという意識が高まってきました。また土日や高校の行事で授業に遅れたり、出られなかったりした時でも日程調整を細かく丁寧に行っていただき、とても勉強しやすい環境と何でも相談しやすい環境を整えてくれました。勉強面では、先生や教務の方々が推薦入試を熟知されていて、自分自身に合った対策をしてくれたこと、またいつでも相談や質問できる環境があることで安心して受験を迎えることができたと思います。富士学院で勉強することができて本当に良かったです。


Q&A

Q
授業を行うのはどんな講師ですか?
A.
医学部受験に精通したプロの講師です。また、例年、対策講座を担当している講師で、愛知医科大学推薦入試、藤田保健衛生大学AO入試で合格するためのノウハウが豊富です。
Q
他校でも面接指導は行われていますが、富士学院は何が違うのですか?
A.
面接試験の本質は、受験生の「スキル、考え方、人間性、これまでの生き方、今後はどうか」などその人そのものの内面や本質を見ていくものだと考えています。よく「こういう質問にはこう答えた方がいい」などのマニュアル的な答えを暗記させるようなケースがありますが、そのようなテクニックに頼ると実際の質問で面接官の意図とは微妙に違う答えになったり答えに詰まったりして、評価を大きく下げるケースがよくあります。富士学院の面接指導は「質問の意図を知る」「自分の言葉でしっかりと答える」「私はこういう人間である」というコミュニケーションの基本をしっかりと指導し、その上で受験する大学に沿った正しい面接対策を行っています。
Q
面接が苦手で本番だとどうしても緊張してしまいます。
どう対策すればいいでしょうか。
A.
面接対策を個人で行うことは困難なので、本番同様の環境で練習を行うのが最適です。また面接試験は大学によって求められるものが全く異なりますので、上記述べた事に加え、受験する大学に関する過去のデータに基づいた正しい具体的な面接の練習が必要です。富士学院では過去受験生の聞き取りや最新の情報を分析し、本番同様の環境で模擬面接を行い、一人ひとりに具体的なアドバイスを行います。その結果、本番でも全く緊張せず臨めて合格を勝ち取ることができたと受講生から喜びの声をいただいています。


2018年度
愛知医科大学
20名の合格実績!
内、公募制推薦入試の定員25名中10名合格。
富士学院生の推薦合格者占有率が
なんと4割の圧倒的実績!

さぁ
あなたも富士学院の推薦対策講座を受けて
合格への第一歩を踏み出そう!

お電話からのお申込みはこちら
名古屋校:0120-9816-33
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 名古屋校

医学部受験予備校 富士学院 名古屋校

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-8-7 ダイアビル名駅1F [ 地図 ]
JR名古屋駅桜通口(東口)から徒歩約7分
フリーダイヤル:0120-9816-33
代表番号:052-586-9179

ページトップ