お電話からのお申込みはこちら
小倉校:0120-08-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

2018年度医学部医学科の
圧倒的合格実績


最終合格者のべ244名
(前年比118%)
医学部医学科進学者実数164名
(前年比122%)の実績!
私立医学部医学科最終合格者のべ216名
(前年比114%)
の圧倒的合格実績!
※一次・補欠は含んでおりません。

2019年度
私立医学部推薦・一般入試の最新の情報
様々な合格事例を含めた
合格のポイントを一挙に解説!


推薦入試

出願資格が限定されている推薦入試は一般入試と比べ総じて倍率も低く、
合格のチャンスが広がります。


一般入試

受験日程が合えば何校でも受験が可能な一般入試。受験日の重複が多くなる2019年度入試では、
出願大学の選定と受験日程の組み方も大事なポイントとなります。


医学部新設が続き、
合格のチャンスが広がっている
私立医学部入試

2016年度に東北医科薬科大学(定員100名)、2017年度に国際医療福祉大学(実質定員120名)で医学部が開設されたことにより、
大幅に定員が増員され、また臨時定員増もあり、2018年度の私立医学部入試は比較的合格のチャンスが広がった入試となりました。
加えて、景気が少し上向きとなり、就職状況が好転してきた影響で、今年度は医学部を目指して浪人した生徒が少し減少したという見方もあり、
2019年度入試においても医学部を目指す受験生にとって、合格を勝ち取る大きなチャンスの年となりそうです。


私立医学部推薦・一般入試
最新の情報を入手し、
ライバルに一歩先んじる!

本セミナーでは推薦入試、一般入試共に2018年度入試の総括を行い、
チャンスが広がるであろう2019年度入試の概要及び合格のポイントについて詳しく解説を行います。
また、増えてきているセンター試験を利用した私立医学部入試についても解説を行います。ぜひこの機会をご利用ください。


富士学院は
ココが違う!

ポイント 1
2018年度医学部医学科最終合格者のべ244名(前年比118%)
進学者実数164名(前年比122%)の圧倒的合格実績!
慶應義塾大学、東京慈恵会医科大学など超難関私立医学部にも合格者を輩出!
ポイント 2
非公開の入試情報にも強い!これまでに蓄積された豊富な入試情報と分析力!
ポイント 3
東京や名古屋など全国6校舎の直営校によるスケールメリットを活かした
最新の地域別入試情報と校舎間の連携!
お電話からのお申込みはこちら
小倉校:0120-08-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)


要 項

日時

8月26日(日)13:00~ 開場12:30

会場

富士学院 小倉校

定員

30名

参加費

無 料

対象

2019年度私立医学部受験をお考えの方、及びその保護者の方
※将来私立医学部を目指す生徒・保護者の方も参加可能です。

参加特典

参加者全員に私立大学医学部の各種資料と
医学部入試に使える富士学院オリジナルキットを差し上げます。
※1世帯につき1セット限りとなります。


プログラム

12:30〜 開場・受付
13:00〜 私立医学部合格セミナー
(福岡大学推薦・久留米大学推薦他一般入試)

2018年度私立医学部推薦・一般入試の総括と2019年度入試の概要及び合格のポイントについて
(富士学院 教務部)
14:30〜 個別相談会(希望者のみ)

私立受験セミナー イメージ画像

医学部を受験する上で
推薦入試は有利!

まずは以下の表をご覧ください。


私立大学医学部推薦・AO入試状況
(過去3年)

年度 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 総合格者数 倍率
2017年度 450名 2,778名 6.2倍 2,731名 491名 5.6倍
2016年度 435名 3,086名 7.1倍 3,051名 490名 6.2倍
2015年度 425名 3,039名 7.2倍 2,988名 472名 6.3倍

※2018年度データは現時点で未公表の大学もあるため未集計となります。


私立大学医学部一般入試
センター利用入試状況

年度 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 総合格者数 倍率
2017年度 3,024名 108,181名 35.8倍 99,664名 6,082名 16.4倍
2016年度 2,903名 105,855名 36.5倍 98,383名 6,211名 15.8倍
2015年度 2,796名 104,569名 37.4倍 96,547名 5,889名 16.4倍

※2018年度データは現時点で未公表の大学もあるため未集計となります。

2017年度入試結果は一般入試が実質倍率16.4倍に対して、
推薦入試(AO含む)は5.6倍という結果でした。
過去年度を見ても医学部を受験する上でいかに推薦入試が有利なのかがわかると思います。
2017年度の帝京大学の推薦入試(定員10名)導入に引き続き、2018年度は聖マリアンナ医科大学が一般公募制(定員10名)、大阪医科大学が「建学の精神」入試(定員3名)を導入したりと、推薦入試を重視する傾向が増々強まっています。
難関の医学部受験においては、この推薦入試を大きなチャンスと捉えて、積極的に利用することが大切です。


Q&A

Q
難関の医学部受験を突破するためにこれから何が必要でしょうか?
A.
医学部入試は情報戦です。
①まずは医学部の正確な入試情報を知る
②受験校を知る
③自分の得意・不得意科目を含めた現状の学力をしっかり把握する。
その上で目標に向けての具体的な方針が決まります。出願校が決まったら、あとは合格に向けてできる限りの対策をとることが合否の決め手となります。
Q
受験生でなくても中高生の参加は可能ですか?
A.
もちろんです。難関の医学部合格を、更には医学部現役合格を目指すのであれば推薦入試を視野に入れることを含め、早い段階からの意識や準備は合格に向けての大きなアドバンテージとなります。本イベントが少しでも医学部受験への参考となり、意識を高める場になれば幸いです。

富士学院の受験セミナーは
参加者の方から
高い評価をいただいています!

  • 今高校2年生で今後医学部を目指すにあたり情報を調べており、
    今回当院のセミナーに参加してよかったと思いました。
  • 本日伺いましたことを娘に話します。とても参考になりました。
  • 本人が後悔のないように決めさせ、応援していきたいと思います、大変勉強になりました。

アンケート画像

2018年度医学部医学科の
圧倒的合格実績


最終合格者のべ244名
(前年比118%)
医学部医学科進学者実数164名
(前年比122%)の実績!
私立医学部医学科最終合格者のべ216名
(前年比114%)
の圧倒的合格実績!
※一次・補欠は含んでおりません。

お電話からのお申込みはこちら
小倉校:0120-08-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 小倉校

医学部受験予備校 富士学院 小倉校

〒802-0014
福岡県北九州市小倉北区砂津3-2-18 [ 地図 ]
JR小倉駅小倉城口 徒歩約10分
(チャチャタウンモール裏側)
西鉄バス「砂津バスセンター」バス停 徒歩約3分
フリーダイヤル:0120-08-9179
代表番号:093-531-6360

ページトップ