2018年度医学部医学科の
圧倒的合格実績


最終合格者のべ244名
(前年比118%)
医学部医学科進学者実数164名
(前年比122%)の実績!
国公立医学部医学科専願者28名中
東大理科三類を含む25名合格!
(合格率驚異の89%

医学部合格は
予備校選びが大きなポイント!
現在通っている予備校や塾に
少しでも"不安”や“合わない”などの違和感がある方
ぜひ、富士学院に一度ご相談ください。

お電話からのお申込みはこちら
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

過去のご相談例(一部)

  • 現在通っている予備校・塾で成績が伸びない。
  • 後期入学で合格事例はありますか?
  • 後期からも推薦入試の対策は可能ですか?
  • 個別でも授業を受けられますか?
  • 進路指導は充実していますか?
  • 十分な学習時間を確保しているが、各種模試の志望校判定の結果にてC~E判定のままでいる。
  • センター試験過去問題に取り組んでいるが700点を突破できない。
    二次試験対策と併せ、二次試験出願先大学を相談したい。
  • 成績開示の結果、面接での得点率があと少し加算できていれば合格圏内だったことが判明。
    面接対策について話が聞きたい。


要 項

日時

7/1(日)〜8/19(日)
10:00~17:00の間でご家庭毎に個別面談
※事前予約制となっております。ご都合の良い日時をご指定ください。

持参物

可能であれば直近の学力の状況が判断できるもの
※模試結果、塾・予備校の成績表など

申込方法

ご相談フォームにご希望の時間を第2希望までご入力ください。
※例:第1希望10:00~ 第2希望13:00~

参加費

無 料

対象

2019年度医学部受験を目指す高卒生の方、その保護者の方

お電話からのお申込みはこちら
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

学院内はすべて
“医学部受験の学習環境”
この環境の中で勉強を頑張るからこそ
学力+αの力が身に付きます!


-医学部受験の学習環境とは-

  • 医学部受験に精通した講師陣による責任を持った具体的な指導ができる環境。
  • 大学毎の入試情報を含む医学部受験の最新入試情報が取得できる環境。
  • これまで蓄積された様々な医学部入試のデータやノウハウがある環境。
  • 様々な入試情報や入試データを生徒一人ひとりにしっかりと生かせる環境。
  • 生徒全員が医学部を目指す環境で、生徒同士が刺激し合い、切磋琢磨し合える環境。
  • “医学部に行く” “その為に頑張る”という生徒自身の自覚と覚悟を促していける環境。


業界トップクラス!
4段階の厳しい選考基準をクリアした富士学院講師陣

富士学院の指導理念は教育の原点である“教え育む”教育を実践していくことです。この“教え育む”教育を実践していくために富士学院の講師採用基準は業界でもトップクラスの厳しい採用基準を設けています。採用に当たっては出身大学や経歴に関わらず、全ての講師に「書類選考」「筆記試験」「模擬授業」「面接試験」の4段階の選考を設け、全てをクリアした講師のみが、富士学院の講師として採用され、大事な生徒の指導を行うことになります。

4段階の厳しい選考基準をクリアしたプロの講師陣イメージ


職員の「数」や「質」も
業界トップクラス!

生徒一人ひとりを育み、成長に導いていくためには、講師だけではなく職員の数や質も大きな要因となります。富士学院の鹿児島校にはアルバイトではなく職員として多くの社員が在籍し、職員の「数」や「質」も業界トップクラスだと自負しています。富士学院の職員は教育者としての自覚を持ち、生徒のより良い見本として、また生徒の良き相談相手として、様々な形で生徒一人ひとりを全力でバックアップしています。

教務担当・学務担当イメージ


医学部受験に特化した学習環境

人は環境で大きく変わります。まずは生徒自身が勉強をしっかりと頑張れる学習環境がとても大事になってきます。その中でも特に大事なのが“医学部受験の学習環境”です。医学部入試は、他学部の入試と違い、医師になる人を選択する試験でもあり、そのために多くの大学では面接や小論文の試験が別途課せられ、合否はその評価を含めた総合判断となります。つまり、医学部入試は学力だけあっても、それがそのまま合格には直結しないということです。難関の医学部合格を勝ち取るためには、できる限り“医学部受験の学習環境”に縁をしていくことが必要であり、その縁は早ければ早いほど大きなアドバンテージを得ることにつながってきます。

学習環境イメージ


学院全体で行う生徒一人ひとりに対するサポート

富士学院の講師・職員は、お預かりした生徒一人ひとりは今後の未来を担う大事な人材であり、社会の宝物だと思っています。その宝物である生徒が、目の前にあるそれぞれの大きな壁を乗り越え、成長していけるよう、学院全体で様々なサポートを行っています。

最新医学部入試情報イメージ


生徒面談、面接指導で生徒に自覚と自立を促します

受験生にとっての最大の敵は相手ではなく“自分自身”そのものです。最後まで“頑張る、諦めない、努力、継続、”合格を勝ち取るために必要なこれらのキーワードは全て自分自身の事であり、まさしく受験は自分との戦いです。富士学院の全ての講師、職員は生徒一人ひとりが自分自身との戦いに勝ち、合格を勝ち取れるよう共に努力をし、共に全力で戦っていきます。富士学院の面談、面接指導は、生徒一人ひとりと真剣に向き合い、生徒に「自覚」と「自立」を促す富士学院の大事な指導の一環として、随時行っています。

最新医学部入試情報イメージ


JR鹿児島中央駅西口すぐ目の前に校舎があり、
学院専用食堂、男子寮、女子寮共に徒歩数分圏内の好立地。
アクセスも抜群で時間を無駄にしない学習環境。

鹿児島校はJR鹿児島中央駅西口から徒歩1分の場所に立地し、学院のすぐ近くには専用食堂があり、栄養管理に配慮した温かくて美味しい食事を朝昼夜3食提供しています。毎日食事チェックシートに記録することで食事の摂り方や健康状態を管理し、アレルギー食材への対応は勿論のこと、体調に応じて対応できる管理体制を整えています。寮につきましては男子寮・女子寮共に学院を出て徒歩数分圏内にあり、ワンルームタイプの各部屋には生活・勉強に必要な家具が一式揃っていますので、入寮後すぐに寮生活をスタートできます。ぜひ一度ご見学ください。

鹿児島校寮イメージ


全国6校舎の直営校によるネットワークで、
様々なスケールメリットを

全国展開をしている予備校や塾のほとんどは、FC(フランチャイズ)による校舎展開をしていますが、富士学院の校舎は全て直営校として運営しています。それはFCではどうしてもビジネス的要素が大きく絡み、指導理念や教育理念の共有が図りづらいという点と、お預かりした生徒一人ひとりに対し、学院としてしっかりと責任を持って指導を行っていきたいという学院としての強い思いがあるからです。直営校の最大の強みは、6校舎の連携による様々な情報ネットワークの共有です。また、地方から東京受験をする際や、その逆のケースの場合にも、生徒は富士学院の各校舎がいつでも利用でき、自習や質問対応その他、面接指導を含め様々なサポートを受けることができます。これも直営校ならではの大きなスケールメリットのひとつです。

最新医学部入試情報イメージ


生徒一人ひとりの最後の受験が終わるまで
全力でサポートする直前対策期

受験生にとって、入試直前のこの時期、そして受験期間中をどう乗り越えるのかは、ここまでどう頑張ってきたのかと同じくらい、実は大事な期間となります。受験本番へ向けてモチベーションをどう上げるか、プレッシャーとどう向き合うのか。生徒一人ひとりを激励しながらこの時期にやるべき事、できる事を生徒個々に具体的に指導していきます。また学院では、推薦を受ける生徒にも、目標はあくまで一般入試に置くよう指導しており、生徒は一般入試に向け、最後まで努力を続けていきます。一般入試では大学別の直前対策講義や国公立の二次対策も含め、生徒一人ひとりの最後の受験が終わるまで全力でサポートを行っていきます。

直前対策期イメージ


保護者との連携を大切にします

富士学院では三者面談を行っていますが、これは形式的なものではなく、生徒・保護者としっかり向き合い、今後の方針を共有し、生徒自身が更に頑張る決意を固め、前に進んでいく事ができる面談を目指しています。また、各科目の授業内容をまとめた授業報告書を毎月、保護者にお届けし、月単位での学習内容や進捗状況、今後の課題や目標等を細かく報告しています。難関の医学部合格に向け、保護者ともしっかり連携をとりながら生徒を支えていきます。

保護者との連携イメージ


-医学部合格のポイントは-

  • 医学部合格に必要な基本的な学力の習得
  • 正しい自己分析と課題点の克服
  • 最新の大学毎の正しい入試情報の把握
  • 自身と大学との相性を含めた正しい出願先の選定
  • 出願大学の具体的な対策

お電話からのお申込みはこちら
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士ゼミ後期入学から
見事医学部合格!
2018年度福岡大学医学部医学科進学
H・M君の事例

2018年度
福岡大学医学部医学科合格
H・M君 弘学館高校卒業
大手予備校在籍中に手術、進度の遅れから富士学院入学

現役時代には富士学院の対策講座に参加していたが、大手予備校に入学。しかし夏に心臓の手術を行い、進度も遅れていったため、思い切って富士学院にゼミ生として後期入学することとなった。

成績が伸び悩んだ時期を乗り越え、急速に力をつけ始める

入学当初は進度が遅れていることへの焦りと、手術を行ってまだ3週間しか経過していなかったことから、体調面の不安を抱えていたが、持ち前の明るさと粘り強さで徐々に勢いが出てきた。面接指導においては非常に爽やかでハキハキとしていたため面接は問題なかったものの、学力面では志望している大学の判定も厳しく、福岡大学の推薦入試は不合格。伸び悩む時期が続いた。講師・職員は粘り強く関わり、最後まで励まし続けた。そして本人自身もまた様々な苦手分野、課題を克服し、受験が始まる前から急速に力をつけていった。

見事福岡大学医学部医学科正規合格!

受験が始まると3大学で一次合格を勝ち取り、福岡大学の正規合格を果たした。まさに受験の中で力をつけ、勢いのまま合格したが、それは本人の努力と講師への積極的な姿勢で、講師もそれに応えて最大限彼の実力を引き伸ばしていった。まさにその信頼関係での結果であり彼の努力の結晶である。

鹿児島校に相談し、そして見事合格!
昨年度合格者の富士ゼミ生から
お喜びのメッセージを多数いただいています!
その一部をご紹介します。

2018年度
福岡大学医学部医学科推薦入試合格
鹿児島校富士ゼミ生 Y・Kさん 都城泉ヶ丘高校
合格まで導いてくださった富士学院の全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

私は臨床心理士を目指して同志社大学心理学部に入学しました。しかし、心だけでなく身体の健康もサポートしたいと考えるようになり、大学卒業後、医学部への再受験を決意しました。
富士学院に入学した時は、もともと文系であったこともあり、理系科目の知識は全くありませんでした。しかし、私の一番の問題は質問できないことでした。授業中は一緒に授業を受けているほかのゼミ生に気を遣い、休み時間は先生に気を遣ってなかなか自分から質問することができませんでした。解らないところは自力で解決しようとしてテキストや類題を探すのに時間を掛け、効率の悪い勉強をしていました。そんな私のために先生方は「いつでも質問においで」と声を掛けてくださり、私が質問しやすいように様々な工夫をしてくださいました。そのおかげで、解らないところは直ぐに質問し、時間を有効に使うことができるようになりました。
富士学院での浪人生活を通して、恩師と呼ぶことのできる先生に出会い、成績を伸ばすばかりでなく、人間としても成長できたと感じています。今回の合格は本当に奇跡だと思います。医師になるチャンスを与えて頂いたからには、富士学院の名に恥じないようにこれからも努力していきます。
今まで私を支えて下さり、合格まで導いてくださった富士学院の全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

2018年度
兵庫医科大学一般入試合格
鹿児島校富士ゼミ生 M・Kさん 志學館高等部
1年間くじけずに最後まで走り抜けられたのは、先生方の的確なご指導、教務の方々のサポートがあったからです。

この1年間は自分との戦いでした。1浪目は付き合いが長い友達がいたこともあり、一人で必死に勉強するということが足りていませんでした。友達が着々と成績を伸ばして1年で合格した中で、自分だけが全滅に終わり絶望したのを今でも覚えています。
苦手意識が消えない数学、実践力が足りない化学など課題は山積みでしたが、先生方は私がつまずく度に問題点を指摘し、一つ一つ丁寧に教えてくださいました。そのおかげで解ける問題が増えていき、自分に着実に力がついていることがわかりとても嬉しかったです。1年間くじけずに最後まで走り抜けられたのは、精一杯勉強していると自信をもって言えるようにしていたことや先生方の的確なご指導、教務の方々のサポートがあったからだと思っています。関わってくださった全ての方への恩返しとなるよう立派な医師となることを誓います。本当にありがとうございました。

2018年度
帝京大学医学部医学科一般入試合格
鹿児島校富士ゼミ生 S・Nさん 鶴丸高校
皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございました。

浪人した3年間はとても長かったです。とても辛く毎日「もう諦めようかな」と思っていました。努力は必ず報われるわけじゃ無いと思いました。でもやらなければ合格できません。報われるまでやるしかないのだと自分に言い聞かせて毎日勉強しました。医師になりたいという気持ちはありましたが、正直勉強することや努力する事に疲れ、3浪目にはあまりやる気はなかったです。しかしやる気の無い中でやるべき事をやっていきました。それができたのは校舎長をはじめ先生方の支えと、両親の支え、競い合ったライバルたちの存在のおかげです。どんなときも私を支えてくれました。迷惑を掛けたり、わがまま言ったりしたことも多かったです。それでも一緒にやってくれました。皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございました。

昨年度医学部に見事合格した
富士ゼミ生の保護者の方からも
多数感謝の声をいただいています
その一部をご紹介します。

2018年度
順天堂大学医学部医学科一般入試合格
M・T様(お母様より)
最後の最後まで諦めずに走りきれましたのはいつも近くにいて下さる先生方のご指導ご支援のおかげだと感謝しております。

他学部に入学したものの、やはり医学部に行きたいと夏休みに再受験の意思を固めての挑戦でした。半年後の受験はとても無理と思いながら、これからどうすれば皆さんに追いつく事ができるのだろうという不安が一番でした。いくつかの予備校見学をしましたが、校舎長の先生にお会いしました時に「方向転換して医学部を目指すことを許してくれたご両親に感謝しなきゃね」とおっしゃられ、親にもお心配り下さっている事に驚き、お世話になりたいと思いました。また、富士学院では食堂があり、バランスのとれた食事を食べさせていただける事は親としてもありがたく、さらにお任せしたいと思いました。
勉強に関しては先生にお任せすると共に本人を信じ、家ではやらなくてもよいよう学院ではしっかりやってくるようにと話をしました。覚悟を決めて臨んだものの本当に合格出来るのだろうかという不安と追いつけないと思う辛さに悩み、ふさぎ込む事もありましたが、教務の先生にご相談する事で見守り声をかけて下さり、私も連絡をとらせていただく事で心が落ち着き乗り越える事ができました。今ではそう申せますが、その時はどうしてよいやら悩みましたが、先生方との距離が近いからこそ性格や得意・不得意もお分かり下さり対応いただけたのだと大変ありがたく思っております。
入試直前に先生方の直筆のメッセージが入ったお守りをいただきました。お気持ちのこもったお守りを持って試験に臨めました事は心強かったのではと思います。
最後の最後まで諦めずに走りきれましたのはいつも近くにいて下さる先生方のご指導ご支援のおかげだと感謝しております。
本当にありがとうございました。

2018年度
国際医療福祉大学医学部医学科一般入試合格
T・U様(お母様より)
娘にとって、この上なく最高の環境に行かせてあげる事ができたと思います。本当にありがとうございました。

大手進学塾で勉強漬けの日々を過ごすものの、現役での合格を果たせなかった娘は、辛く、暗いトンネルに入るような思いの中、当時通っていた塾の医進館に、漠然とした安心感を求めて入塾致しました。
国立コースの上位クラスに編入出来たものの、大人数での授業によって消化不良を起こし、受動的な学習で、結局、二度目の挫折を経験しました。
この苦い経験から、塾選びは更に慎重に、合格率や合格体験記、カリキュラムなど様々な要素を検討。本学院は、これらが本当に優れていました。しかし、決断することができた最大の理由は、校舎長との三者面談での印象でした。勇気を与えてくれる、親切で丁寧な一つ一つの言葉が、失意の娘に対し、希望の光を見出させてくれました。入塾してから、改めて私たちの決断は正しかったと思いました。娘の話してくれる校舎での様子から、一方通行ではないアクティブな授業が娘にどれほどの自信を持たせてくれたかをしっかりと理解することが出来たからです。さらに、毎月送られてくる成績表からは、どの教科の先生も、塾長の様に生徒を想う熱意を感じ、本当に多くの場面で支えていただきました。また、富士学院は食堂を完備しており、好きな時間に友人と夕食を取れたことが勉強の中で貴重な息抜きとなりました。
さらに、膨大なデータを元に面談をする事で、最適な志望校選択をする事が出来ました。
こうした、保護者が娘を富士学院に全て任せられる、万全のサポートが娘の背中を押し、合格という最高の結果をもたらしてくれました。富士学院のおかげで志望校を選べた甲斐もあり、娘にとって、この上なく最高の環境に行かせてあげる事ができたと思います。本当にありがとうございました。

2018年度
埼玉医科大学センター利用入試合格
M・T様(お父様)
富士学院と共に歩んだ1年、医学部合格、医師へのスタートラインへ立つ!!

「大きくなったらお医者さんになる」と言った幼少期、いつの間にか人生の目標となり、高校の推薦も頂けたことから医学部を受験しましたが不合格。浪人一年目を他の予備校で学びましたが二次で不合格となり、私は医学部のレベルの高さに驚愕し、娘の挫折感は想像を超えていたと思います。
しかし、娘は「医師になる。絶対に諦めない」という強い意志があったことから私は妻と相談し、今年度をラストとしてもう一度チャレンジすることを許可したのです。
私は数ある医学部専門予備校を調べました。その中で富士学院の「教え育む」が目に留まり、すぐに富士学院に電話し問い合わせをしたのです。その際対応してくれた担当課長は私の話を真摯に聞き「うちは最後まで面倒をみます」と言ってくれた上、医学部受験に関して素人の私にも理解出来るよう親切丁寧に説明してくれたのです。
後日、私は娘とともに富士学院に赴き、面談・説明をして頂いたとき、担当課長の人間味のある対応と絶対に医学部に合格させてみせますという自信と熱い思いに感銘を受け、私は、この学院に全て託し学ばせようと決めたのです。。
当時娘はやや迷いがあったみたいですが、本人もこの学院で頑張る決意を決めたことから直ちに入学・入寮させ一からスタートしたのです。私は、勉学に集中するには、本人のやる気と周囲の環境が一番大切と考えており富士学院の食生活の管理や寮と教場が一体化した設備はムダのない最高の環境だと思いました。入学後、毎月送られてくる「授業報告書」に目を通すと、娘の現状や弱点、生活態度がよく分かり、日々実力がついているのが実感できました。私は偶に寮に赴き様子を見る程度でしたが、娘が講師の先生を信頼し目標に向かって一歩一歩前進しているのを感じました。。
月日は早く受験が始まり、富士学院の先生方等の支えのもと最後まで戦い抜いた結果、合格を手にすることが出来たのです。(娘は学院から頂いた絆の証である「お守り」をいつもバックに入れており、学院スタッフが一緒に戦ってくれているという気持ちで受験していたと思います。)。
娘を富士学院で学ばせ、医学部に合格出来たのは、講師の先生をはじめ、全てをサポートしてくれた校舎長、教務の先生方、食事を管理してくれた料理長など、富士学院スタッフのおかげであると確信しております。。
また、学院生活において、人間として未熟な点や、医師になるための人間性・心構えなど将来を見据えたご指導もして頂き本当に感謝しています。。
娘もやっと医師になるためのスタートラインに立ちました。今後の大学生活も、富士学院で学んだことを糧として頑張ってくれるものと思っています。。
昨年の2月下旬、「教え育む」を真に実践する富士学院の門をたたいてみて本当に良かったと思います。本当にありがとうございました。

2018年度
福岡大学医学部医学科一般入試合格
I・K様(お母様より)
文系大学卒業後の再受験。指導法に感動すら覚え、奇跡の合格。感謝の気持ちでいっぱいです。

先ずは、娘を奇跡の合格へと導いて下さった富士学院の先生方、生活面でお世話になった全てのスタッフの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございました。“医学部を目指したい“という夢を抱き、長い髪をバッサリ切って意欲満々の娘でしたが、文系の4年生大学を卒業してからの再受験はかなりハードルの高いものでした。そんな中、富士学院の資料を目にして連絡を取ると、直ぐに対応して頂き、親身に相談に乗って貰えました。実際に見学した際も、スタッフの皆さんの明るくアットホームな雰囲気、生徒と先生の距離感が近く、とてもまとまりのあるチームという好印象でしたので、鹿児島校にしようと決めました。今年から女子寮も完成し、生活面での環境も抜群でした。4月に入校した時点ではまだまだ厳しい成績だった娘に対し、各教科の先生方が娘に合った学習方法を考えてくれました。また、並行して膨大な情報の中から、娘に受験資格のある大学を見つけ出して貰えました。おかげで、娘は二校に焦点を合わせ、集中して対策をしてもらうことになりました。プロフェッショナルな先生方の指導法に感動すら覚えました。「学ぶことが楽しい」と娘は何度も伝えてきたので、その授業の素晴らしさは私達にも実感できました。娘は、迷いなく日々の授業や課題を黙々と頑張り続けられたのだと思います。夏頃からは勉学面だけではなく、面接での対策も兼ねて対人面でも色々とアドバイスして頂き、しっかり成長させてもらいました。娘の内弁慶で人見知りの性格が次第に変化し見違えるように積極的になっていく様子が、私達にも手に取るように分り、とても嬉しく思いました。自分の夢に向かって一心不乱に努力した娘、それを家族の様に見守ってくれたスタッフ、個人に合わせた講師陣の授業、このチームワークが、紛れもない「奇跡」を起こし得たのだと信じて疑いません。

2018年度
帝京大学医学部医学科一般入試合格
M・K様(お母様より)
富士学院で学んだ事を息子は誇りに思っています。本当にありがとうございました。富士学院万歳!

「とにかく一度連れてきて下さい。」
他の予備校に通い、全く手応えなく1浪目が終わろうとしているある日、友人から強く勧められ富士学院に初めて行った日のY先生からの言葉でした。
いやがる息子を無理矢理連れて行き、以後息子の担任となるM先生との面談15分。終了後の息子のひと言は「ここでやってみる!」でした。
息子は中高と勉強せずに来たため、受験のスタートラインに立つまでに相当時間がかかったと思います。物理・化学選択から生物・化学に変更し、大丈夫かと心配しつつも親はひたすら見守り続けました。浪人2年目の結果は3校の1次合格を頂きましたが、入学には届かず、3年目の浪人生活に突入しました。この時も親子共に先生方を信じてついて行こうとと言う気持ちは全く変わりませんでした。生徒と先生が同じ方向に向かって進み、悩み、努力していることは、毎月送られてくる教科ごとの成績報告にある先生のコメントを見るとよく分かり、いつも胸を熱くしながら拝読していました。今年は、合格するつもりで受験シーズンを迎えたため、正直一次合格の通知がなかなか来ない時はハラハラしましたが、帝京大学の一次合格をいただき、二次の発表を息子と共にパソコンで確認、合格の文字を見たときは飛び上がって喜び、本当に感動的でした。

2年間お世話になった富士学院ですが、息子とは恩師と呼べる先生方に出会えて良かったと話しています。英語を教えて下さったY先生、先生が個別指導で医学的な英語を教えてくださらなかったら合格はなかったと息子は言っていました。化学を教えて下さったM先生、息子を理解して下さって心から感謝しています。数学・物理のM先生、先生との出会いが息子を変えたと言っても過言ではありません。もう一人の教務のKさん、息子の誕生日に花ちらし寿司を作って下さいました。誕生日を一緒に祝えなかった親としてはどんなにうれしかったことか・・。教務担当のKさん、生徒の憎まれ役をかっていたのではないでしょうか、心からお礼申し上げます。そしてY先生、たくさんの子供達の人生を抱え毎日本当に大変だと思います。親子ともども本当に助けられました。富士学院で学んだ事を息子は誇りに思っています。本当にありがとうございました。
富士学院万歳!


Q&A

Q
指導する講師の先生はどのような方ですか?
A.
富士学院の厳しい採用試験をクリアした講師で、医学部受験に精通したプロの講師が、責任を持って指導しています。指導経験が少ない学生アルバイトは、原則として採用していません。生徒一人ひとりの状況をきちんと把握し、生徒の学力を上げる為、目標を叶える為にはどうしたらよいかを生徒目線でしっかりと考え、具体的な指導が出来る富士学院自慢の講師陣です。
Q
経験豊富なプロの講師とありますが、採用基準について教えてください。
A.
富士学院講師の採用は業界トップクラスの厳しい選考基準を設けています。選考方法は「書類選考」・「筆記試験」・「模擬授業」・「面接試験」の4段階あり、すべての条件をクリアし生徒目線で指導ができ、教育者としての自覚を持った講師のみが在籍し、指導を行います。さらに一人の講師に指導を丸投げせず、講師・職員間の細かなチームとしての連携を含め、学院として責任を持って指導を行っています。また、学院職員の採用には2段階の面接試験があり、いずれも高いスキルと教育者としての自覚と覚悟が求められ、学院理念の下、生徒目線で生徒と共に成長できる事が採用条件となります。
Q
教務担当・学務担当とはどのようなものでしょうか。
A.
教務担当は主に生徒の生活面やメンタル面の支えとなり、日常的に関わっていきます。
学務担当は生徒をお預かりする際に、まず最初に保護者・生徒にお会いし、現在の状況や目標、目的を確認し、最適な指導を行うための相談窓口として対応します。
富士学院では、お預かりした生徒一人ひとりと真剣に向き合い、教育者としての自覚と責任を持った講師・職員が幾重にも重なり合いながら、生徒一人ひとりを全力でサポートしていきます。
Q
合格実績について教えてください
A.
富士学院では、開校23年の実績として、これまでに延べ1,557名を医学部医学科に送り出してきました。2018年度の合格実績では延べ244名(前年比118%)、医学部医学科進学者実数で164名を医学部医学科へと輩出しています。選抜制をとらずに“医師になりたい”と願う生徒を分け隔てなく受け入れてきた中で、生徒の「自覚」と「覚悟」を促しながら、ここまで合格実績を伸ばしてきました。中には偏差値30台から医学部に合格した生徒や10浪の生徒の合格、医学部を退学になった再受験生の合格、また国公立医学部に一年で行きたいと大手予備校の特待を蹴って富士学院に入学し、見事一年で国公立合格を果たした生徒など、富士学院ならではのすばらしい結果がたくさん生まれています。
Q
国公立医学部の合格実績について教えてください。
A.
2018年度国公立医学部医学科の合格実績は東京大学理科三類の合格者をはじめ、国公立専願者28名中25名合格(合格率89%)と、過去最高の合格実績を出すことができました。また2017年度合格実績では京都大学をはじめ国公立医学部医学科専願者20名中17名合格(合格率85%)、2016年度合格実績では専願者12名中10名合格(合格率83.3%)、2015・2014年度ではそれぞれ8名が合格を果たしました。まだまだ国公立医学部医学科の受講生が少ない中、2013年度の合格実績では4名中3名が合格を果たし、2017、2016年度は、国公立医学部医学科専願者に対して、共に80%を超える合格率、そして2018年度はついに90%の大台に乗る勢いで合格者を輩出できています。受講者が少ない分、合格者の数はまだまだ少ないですが、この合格率は私共の大きな誇りであり、今後は更に国公立医学部の合格に力を入れ、受講生も増やしていきたいと思っています。
富士学院の合格実績について
Q
息子が壁に当たって最近落ち込むことが多く、どう接したらいいのでしょうか?
A.
一生懸命頑張っているからこそ悩んだり、自信を失ったりするのかもしれません。学院ではこれまでたくさんの生徒と向き合い指導してきた実績とノウハウがあります。ぜひご相談ください。
Q
問い合わせをした場合、強引な営業や勧誘などはありませんか?
A.
そのような行為は一切ありませんのでご安心ください。どこの予備校・塾に行くのかは、ご本人にとって、また保護者にとって、とても大事な選択となります。その選択肢の一つとして、富士学院をしっかり理解して頂く為にぜひ詳しい説明を聞いてもらいたいと思っています。そしてその上でご本人と保護者の方が判断をされるべきで、そういう意味でも是非、ご自身の目で実際の富士学院をご覧頂きたいと思います。


医学部合格のポイントはズバリ“学習環境”です。
生徒同士が切磋琢磨でき、お互いに高め合える環境。
また講師や職員が最後まで全力で
一人ひとりの生徒をサポートしてくれる環境。
全ては“学習環境で”決まります。
現在通っている予備校や塾に少しでも不安や
合わないなどの違和感がある方はぜひ、
富士学院に一度ご相談ください。

さぁ
あなたも富士学院で
医学部合格に向けての第一歩を踏み出そう!

お電話からのお申込みはこちら
鹿児島校:0120-66-9179
9:00〜22:00(平日・土曜・祝日) 10:00〜18:00(日曜)

富士学院 鹿児島校

医学部受験予備校 富士学院 鹿児島校

〒890-0046
鹿児島県鹿児島市西田2-21-3 NUビル6階・7階 [ 地図 ]
JR鹿児島中央駅西口から徒歩1分
フリーダイヤル:0120-66-9179
代表番号:099-812-9179

ページトップ